2009年8月 9日 (日)

もちろん海鮮食品です

コネタマ参加中: 冷やし中華の具、これだけは絶対はずせない!のはどれ?

おかしいなあ・・・保存されなかったのかなあ・・・海鮮の類、生物なので腐れてしまったのかとふてくされ。

書き直すのも面倒だけど、せっかくうまいものを教えてやらぬ手はなかろうと。

スーパーで売ってある、冷やし中華、それに刺身の盛り合わせ、これで十分。

イカ、たこ、マグロ、そしてなんと言ってもあうのが甘エビかなあ。

醤油は使わないで、これまた冷やし中華に付いてるてるタレでグー。

お好みで、これまたスーパーで売っている練わさびでOK。どうぞお試しあれ。

あれ、なんだ、本文の続きにあるじゃないか。

おいしことなので、2度書きました。

江へへへ、と照れ笑い。

続きを読む "もちろん海鮮食品です" »

2008年3月 1日 (土)

マグロ漁船の代わりに私がマグロを

最近、国会中継やニュースを見ていると、この国が情けなくなってくるのは何も感受性豊かな私だけではあるまい・・・がはははは。

感受性豊かな私としては、沈没させられた清徳丸に代わり、マグロを捕まえねばと思った。

だがあいにく私には、持ち舟がない。

父が交通事故で殺されたときに、父の所持していた船は友達にあげた。

私が東京で持てるわけもないし、運転する免許もない。それならば友達に対馬で使ってもらったがいいだろうと思ったわけだ。

そのとき、ヤマハの販売店らしきをしていたおじさんが、「50万円ぐらいで売ってやるよ」

そう言ってくれたのだが、不埒にも私は友達にただであげてしまったのだ。もっとも運送料で10万円ほど必要だったらしいが。

食材魚貝大百科 別巻1 (5) Book 食材魚貝大百科 別巻1 (5)

著者:河野 博,茂木 正人,中村 庸夫
販売元:平凡社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今にして思えば、あの船を持っていればよかったと悔やまぬでもない。

沈没させられ、海底に沈められたであろうを二人になり代わりマグロを・・・と。

しかし私は諦めなかった。見事なマグロを作り出すことに成功したのだ。以下が2月28日の私の夕食になったものなのだが、いかがかな?Cimg3343

箸で食べるのではなく、フォークとナイフを使うのが責めてもの抵抗である、そう思っていただきたい。

Cimg3342 まあ、刺身のツマやわさびの写真を用意することを忘れてしまったのは、愛嬌と言うものであるが。

どうか、一緒に召し上がっていただきたいものである。

うーん、見事な味だ。

Vfts0191

デザートにメロンもつけておこうか。

以後、こういった、痛ましい海難事故のないことを祈り、私なりに、繰り返すが、私なりに供養をしておくのである。

リンク集

2007年12月26日 (水)

20万円のCDはだいく

どっひゃあん!

一枚20万円のCDだってえええええ。

なんじゃそりゃあ。

聞くと、ベートーベンの交響曲NO.9。

いわゆる「だいく」である。

なんでまた。

するとCDの材質が違うのだそうだ。

今までのはプラスチック、今度のはガラスだという。

ガラスだと、書き込まれた信号が乱反射することなく読み込めるため、音がより原音に近い、クリアだという。

開発者は、勤め先の会社では生産不可能と判断し、自分で会社を創ったそうだ。

なにしろ、1日わずか15枚しか生産できないと言う。

すると、単純に全てを売り上げても1日300万円にしかならない。これでは生産会社としてはやっていけないだろう。

すでに、300枚中200枚が予約ないしは販売ずみだという。すごい。

でもなぜ、「だいく」なのだろう、やっぱり季節柄かなあ。342334380_21s

私は慌てて、自分のCDをチェックした。あー、あるある、NO.9は混じっていた。

ほ。

しかし、これでガラスクリーナーもまた特殊化し、それもまた売れ出すんだろうなあ。

2007年5月11日 (金)

風神・雷神その顛末は

風神雷神というのが普通であるが、関東地方は、昨日は雷、今日は大風に見舞われた。

ゴールデンウィークの死亡事故を起したジェットコースターは「婦人雷神2」とか言った。

落下し走り出したジェットコースターにブレーキがないのと同様に、風にも雷にもブレーキはない。

ただ、天候が変わるのをじっと待つだけである。Cimg1278

この国には気象予報はあっても、気象を作り出すという発想はない。

あるとすれば、人口降雪機であって、これはあくまでもスキー場に雪を作るという作業でしかない。

太古の時代には、「雨乞い」なる儀式が合った。

現在はただ予報するだけで、何の科学の力も天候を操るためには利用されてないといっても過言ではあるまい。

確かに気象を農林業や水産業には利用してきた。

だがこれらは大昔からの知恵で、現在においてはそれらの理由を科学的に解明して来たに過ぎない。

西暦5,600年頃の建築学では、丸太を200年間水に漬けておくという工法がとられていたことを証明する記録や、物証が見つかっている。

では、現代ではどうなのか?

はたして百年、二百年先の未来を考えた、ある計画があるのだろうか?

確かに宇宙計画はある。Dsc00143

だが、これは物理的にそうならざるをえない結果であって、未来を見越す、子孫のためにというものではない。

地球の温暖化、CO2、原子力廃棄物などと騒ぐが、目の前のゴミの始末すら満足にできていない。

CO2や原子力はすぐお金になる。それも大金である

山に木を植えてもすぐにはお金に結びつかない。だが山が死ねば海が死ぬのだ。山林がなきなれば地球が死ぬ。

わかっていてもすぐにお金にはならない。だからすぐ金になる事務所経費なんかを問題にされてしまうような、農林水産大臣が大きな顔をする。Cimg0771_2

すぐにお金になる、建設工事に絡む各省庁、公務員が暗躍するのだ。彼らには百年後は必要ないからだ。

200年後の建設物のために、丸太を水没させ、さらにその丸太を守り続けた、その心はどこに行ったのか?

私たちの遺伝子はそのことを捨て去ってしまったのか。

私は、日本でも指折りの田舎育ち、本当はもっと凄いところもあるという方もいるだろうが、本当に誰もが信じられないような山の中で育った。

嘘をつけ!

対馬は朝鮮半島のそばに位置する、国内でも3,4番目に大きな島で、信号機も1基ぐらいはあるだろう。

学校も、病院も飛行場もあるだろう。

それは表向きで、私が育ったところは、海も皮もろくにない島の中央、山の中のまた山のなかである。

対馬は島だが山なのだ。Dsc00270

だからこそ、よけいに思う。島が現金収入のために、次々と切り崩されていく。

公共事業のために、その姿はぼろぼろである。

おそらく沖縄のサンゴに囲まれた島、あるいは地域もまた飛行場とかで埋め尽くされるのだろう。

海を殺すのだ。

そして慌てる。地球の温暖化だ。石油が悪いから、エタノールに変えよう。

そのために、トウモロコシを作る。土地は毎年同じ作物を作ると死ぬのだ。連作障害が起きる。同じ栄養分だけを吸い取るからだろう。

そこで、昔より、毎年交互に作物を替えた。

いい例が、トウモロコシと大豆である。これを交互に植えることにより土地を殺してこなかったのだ。あるいは休耕地として土地を守った。

だが、エタノールを作るためのトウモロコシは遺伝子を組み替えて作ることが可能で、これは土地の連作障害に強い物が作れるのだ。人間が食べない以上問題はないからと、大豆畑は遺伝子組み換えのトウモロコシ畑になってしまうのだ。

するとやがてその土地は死ぬ。だから死んだ土地でもなお生きる遺伝子を持つトウモロコシを作る。いつまで続くのか。

みんな経済のためにだけ知恵を絞り、足元を見ていないのだ。

その怒りが雷神風神と知るべきだろう。

私たちは何をするべきなのか、よおく考えてみるといい。

私のところにもくる。何もしなくて人を集めてピラミッド形式、いわゆるねずみ講だが、商売の基本は「ねずみ講」であるとかんがえれば、それはそれでいい、流通するものがあるうちは。Dsc00307

だが流通するものが作れない世の中ばかりを作ろうとしすぎてはいないか?

そういった全てが、気象異常だ、漁業がおかしい、農業がダメだ、温暖化だと騒ぐ源になっているのに、マダ気が付かない。

子供の育て方がおかしい、その育て方まで国会でマニュアル化しないといけない時代になってきている。

できれば、自然を取り戻す事を一番に考える子供たちを育てる方法を考えてもらいたい。

なんかへんなの。わけのわからない話になってしまった。

リンク集

2007年5月 3日 (木)

憲法記念日なの?

記念日だらけなのでわけがわからない。ついこの間まで「みどりの日」だったのが「昭和の日」になっていた。「みどりの日」は明日になったそうだ。

畏れ多くも天皇陛下の誕生日が次々とその名前を変えていく。天皇が変わるたびにその誕生日も変わるのだろうから、祝日「天皇誕生日」はいつの世にも1にちだけになるのだろう。

さて、私は不埒なのか、ごく普通なのか、例えばニューヨークの9.11だったかな、9.10だったかな、そんなのに天皇が巻き込まれ、続々と天皇が変わるとする。

するとだよ、万が一毎年、その天皇が変わるようなことがおきた場合、もしもその誕生日が違った場合、もしかしたら、日本は祝日だらけになってしまい、1年中が休みにならないとも限らない。Dsc00242

この憲法記念日もそうである。もし、新たなる憲法ができ、その施行日を憲法記念日としたら、またひとつ祝日が増えることになる。成らなきゃ不公平というものだ。

そうなると、日本では働く日がなくなるという、とんでもない日がやってくるということになる。

これは起こり得ることなのだ。まさか、今からお生まれになる天皇の誕生日が全て同じとは限るまい。

計算してみようか・・・あ、あなたは得意そうだから、あなたに任せることにして、先を急ごう。

「誰も働かなくなる日」これもまた記念日になり祝日となりそうだ。

すごいなあ、エコノミック・アニマルと揶揄された日本人が誰ひとりとして働かなくなるのだ。ロボットでも働き始めるのかなあ・・。

もっとも区議会員は年間90日だけ働けば給料がもらえるという、絶対に聞き間違いだと思える話を聞いたが・・・本当のところはどうなるのだろう。

こんな事を考えるのが私の数少ない趣味なのだから、許して欲しい。

そこで、ここに日本国憲法の前文をあげてみよう。これから何を考えることができるだろうか?Cimg1282_2

前文

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

これが前文の全文である。この事を基本にして草案され、憲法として発布、施行されたのだろう。Cimg0902

これが60年前、この前文を考えた人は何人がご存命で、なをかつ、闊達な意見をのべられることができるのだろうかと思う。

いやあ、変わった趣味だなあ。

日本国憲法無効宣言―改憲・護憲派の諸君!この事実を直視せよ 日本国憲法無効宣言―改憲・護憲派の諸君!この事実を直視せよ

著者:渡部 昇一,南出 喜久治
販売元:ビジネス社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

リンク集

2007年5月 1日 (火)

夜中に目が覚めてしまった

どうしてこんなに眠いのだろうか、木、金と天気がよかったので、往復1時間の距離をのんびりと、しかし焦りながら自転車で出かけてみた疲れがいまだに残っているのだろうか?

Cimg0123_1

そうだ、金曜日には、洗面所の掃除までしてしまって、案の定、しばらく寝込んでいたのだった。

慣れないことはしないほうがいいなあ。おかげで、ゆうべは見たいテレビ番組も見逃してしまった。

それにしても、4月の雨のため、外の色の変化に気づかなかったのか、あまりの変わりように驚いてしまった。

まるで、去年の私の体と現在のそれが違うが如しである。

なんといっても、木々の若葉がすばらしい。

当り一面が、若葉色のペンキをひっくり返したようにさえにも見える。それほど強烈に目にはいってくるのだ。

ここは確か。白いモクレンが咲き誇っていたはず・・・それがどうだ、もうプチプチの緑みどりした葉、葉、葉、葉、葉、葉、葉、葉、葉、葉、葉、葉、葉、葉、葉、葉、葉、葉の生い茂りようはなんだ。

それほど、この4月は雨が降ったのだろう。Cimg1482

あいにく今日は、今にも雨が落ちてきそうな、しかも肌寒くかんじる天気だが、病院に行って、その帰りにいつものパールセンター、阿佐ヶ谷が誇るアーケードを歩いてみた。

私は、ほとんどの場合、知り合いに会う。

知らない人が少ないのかもしれない。何しろ私の顔は交番に貼ってある・・・およ。

今日のニュースで、いまだに見つからない犯人逮捕に繋がる情報を提供してくれた方には賞金が出るということを知った。

うーん、どこかにいないかなあ・・・・そう思うとだれもが犯人に見えてくる。

Cimg1446

そんな中であったのはラーメン屋のおかみさんだった。

「まだ10時過ぎだよ、今店が終わったの?」

そんなことから始まって、たわいのない話が続いたが、街の木々はあんなにも変わってしまっているのに、お互い、ほとんど変わってないことに驚いた。もう半年から1年ほど会ってなかったはずである。

変わったとしたら、ちょっとだけ年をとったかなあ・・・そのおかみさんとは誕生日が同じだそうだ。

しまったなあ、花も撮ってたんだから、おかみさんも撮ってやればよかったかな。

あ、だめか、おかみさんは指名手配中、うかつに写真には写らないのだ・・・ろうなあ、いつもカメラを向けたら、手で覆い隠す。

うーん、なにかある。

変なニュースを見たもので、私のつぶらな瞳は、いやらしい狐のような目になっているのかも・・・いけない、いけない、ほとんどの犯人は私と体型が似ているのだ。

これからは、ますますサングラスに、帽子、マスクをかけて出ることにしよう。

でも花粉症の人間が、わざわざ花の写真を撮りまくるはずがない、疑われるに決まってる。Dsc00045

しかし、世間ではゴールデンウィークだと騒いでいるというのに、私はすっかり隠遁生活者だな、この件に関しては20年ほど縁がない。

冠婚葬祭以外、この時期にでるのは非常に疲れる。

それなのに皆さんは北へ南へ、東へさらに東へと飛び回る。たまには西にも行ってね。

ううん、東へ行ったら帰りは西だから、あ、なるほど。

リンク集

2007年1月24日 (水)

陰陽どう、陰か陽かじゃわからない

「こいつが気持ち悪いんだよね。他の数値からみても考えられないんだよ、わからんなあ」

そんなことを言われても私にはわからない。

プロの先生がわからないのに・・・

「いやあ、私は内科ですよ、それも胃腸ではとびっきりのプロです!でも、血液はなあ、そりゃ愛車ですから」

「愛車?」

「いや、そりゃあ・医者ですから、ある程度はわかりますがね、専門というわけじゃあないんです」Cimg1101

「A doctorで、愛車ですか、こいつは、座布団だね」

「骨髄球がでてるんですよ」

「ええ、調べましたよ。骨髄球(+)でしょ。ネットて便利ですね」

ここにも何度か書いたことがあるので、丹念に書くが、骨髄のガンが白血病である。白血病になるためには・・・・なのだ。ね、親切でしょう。

ここで骨髄球(+)と、血液の中に骨髄球がなぜか知らないけど、漏れてるんだよね。だから、+。陽性なの。

つまり白血病への可能性がある、ということなのだ。しかし、白血球、赤血球、その他、不二家まで調べたのに、原因が分からない。

しかも、私はゲキヤセである。月に25キロ、曙が痩せるのではないのだ、これくらいなら彼にとっては日常茶飯事と思ってもいいだろうけど、私は3分の1近くの体重をなくしてしまったんだよ、びっくりするよ。(実はね、毎朝納豆2パック食べてたのは私だったんだよ、秘密だよ)

私はそんなことはないと知ってはいたが、何処で何が起こるかわからない。

「じゃあ、HIVも調べてくださいよ、このさいだからとことんやりましょ」

「え、いいの、調べさせてくれる?」

え、エイズは医者が勝手に調べたらだめなのかい?

「でも、クリニックじゃだめなんだよ」

そんなに大掛かりなシステムが必要なのか?所詮、ここは村。阿佐ヶ谷村の診療所だったのだ。

「あれはね、阿佐ヶ谷じゃ保健所じゃないとだめなんだ」

「はい、先生、これ、保険所を予約しました」

なんと、すばらしいスタッフであろうか、頼みもしないのに予約してくれた。

「本当にやるの」

「当たり前でしょう」

「じゃあさあ、結果をさあ・・・結果を・・」

え、医者は患者のそういった結果を無理に聞いたらいけないの?

「教えますよ、当たり前でしょう」

「ほんと!」

かくて私は、月に一度しかやらないらしい検査を運良く明後日に受けることができた。

電話すると、全てが匿名だそうで、私はR2-D2みたいな名前にされた。受付から全てこの名前なのである。

血液を2本?3本だったかな、抜かれた。そのためか待遇がいいんだ、スポーツドリンクやウーロン茶、キャンディまで自由である。検査費は無料だよ。

私は、結果が出る間、散歩した。Cimg1075_1

こりゃひどい建物を杉並区は造ったなと、ハコモノ行政のランチキぶりに驚いた。こんな保健所見たこともない。阿佐ヶ谷のホテルの100倍はいいだろう(まだ行ったことはないけどさ)もしかしてこか公務員の宿舎って、これよりはるかにいいの?許せないよ。

写真を撮って戻ったら、封筒を渡された。中に+かーかが書いてあり、+だと陽性、再検査を1ヵ月後かなんかに受けねばならない。

その結果は係りもわからないのだ。私は別室で若いボランティアの方から避妊具のつけ方を教わった。Cimg0159

「私は、つけないですよ、そんなもん」

「じゃあ、女性のがありますから」

そういうと、女性の陰部モドキを取り出して、なんだったかい、フェミスキンだが、なんだったかなあ、女性のことをフェミニンとドイツ語で言ったはずなので、Fで始まったと思う。詳しくは6月17日だったかなあ、確か第3土曜日のブログをごらんなまし。

その避妊具を女性に装着し、男性モドキを挿入して見せるのだ。いやあ、おもしろかった。万が一私がひん具を付けるときのアドバイスまでしてもらったが、成り行きだからねえ。

おっと、そんな話ではない。私はいつものクリニックで確認してた。

「陽性だったらいいんですよね」

「ばか。あなたの骨髄球は+でしょ。陽性なの。だから白血病かも知れないんじゃない。いい、HIVが陰性、マイナスだったらいいのよ」

「いいって、いいの?」Cimg1072

「骨髄、抜いてあげましょうね・・・」

「(どうせ抜くなら・・・)へんなの。大学ん時にさあ、陰性だと騒ぎ、エイズだと思い込んで、屋上から飛び降り自殺したやつがいたよ。勘違いだったんだ、アホだね」

「あびるさんも気をつけてよ。いい、マイナスはいいんだからね」

それが、きょうの読売新聞かなあ、係りが間違えて陽性なのに、再検査をつげなかったらしい。

それで大騒ぎさ。場所は浅草らしいけど、きっとその人はさ、大喜びで、お祝いのHをしてるよね。どうなるんだろうか。

だいたい、陰性、陽性というのがわかりづらいんだ。初めから感染の可能性があります、有りません。と言ってくれたらいいんだよ。

ただし、この検査では直近の3ヶ月間はわからないらしいよ。気をつけてね。

でもさ、なくなった方には申し訳ないけど、もう私らの年じゃ関係ないんじゃないの?どっちみちすぐに発病するわけじゃなし。

若い人の問題だろうけど、その頃にはもうエイズも医学が克服してると思うよ。

克服できないのはこの保険所さ、ハコモノ行政だろう。

Cimg1078

1986年4月、チェリノブイリの原子力発電所が爆発し、ヨーロッパは被爆した。「ニガヨモギ」。

そのためワインの土壌にはたくさんの放射能が含まれているはずだ。

だが、人々は、今をもってしても今年のワインはどうかなと、ボージェレ・ヌーボーをありがたがる。

このとき西ベルリンにいた私は質問したんだ。

「ああ、いいんだよ、放射能の影響はこれから生まれてくる子供にしか出ない。私たちはもう子供は作らないから、関係ないよ」

私は、今でも多くの女性たちから来るメールに驚かずにはいられない。

「生の方が良いんですってね、生でお願いしても良いかしら・・・」

いや、私とならいいんだよ、でも「ニガヨモギ」の子供たちを思い出してしまうんだよなあ。

リン ク集

2007年1月18日 (木)

初代ゴリラは3.3インチ

まさかゴリラが3.3インチだと私の手のひらに乗って遊んでいる。

映画キングコングとはまるで逆だ。

実はポータブルナビのゴリラの初代を探している。サンヨーのNV-P1がそれ。Cimg0122_2

右がカタログかなんかをコピーした物。

発売当時は14万9800円と言う文字が右肩にある。

拡大できるのかなあ。

この宣伝コピーが泣かせてくれる。

ああ、技術の進歩はとんでもなく凄いなあ。現在、こんな物を売ろうとすると物笑いである。ただし、このサイズで、現在の能力が発揮できればそれはたいしたモノだと思う。

「ポータブルナビ、ゴリラの初代モデル。愛称の由来はこの形状によるもの。画面を3.3インチに抑えることでナビ本体、CDプレーヤー、TV,GPSアンテナを一体化しつつ低価格を実現」

とある。

まあ現在だと、SDカードでやるんだろうなあ。たぶんできるだろうが。このものスバリを探していると言う物好きがいる。

「モノ頭巾ちゃん」である。実際に探してきたらしいが、壊れているという。誰か持ってませんか?2000円ぐらいならお金は出すんじゃないでしょうか?(送料別で)

探してるのは私じゃないよ、大家さんとこに遊びに来たお客さん。

この「モノ頭巾ちゃん」ははるばる一人でJR阿佐ヶ谷駅から歩いてやってきた。

私がここに住んで4年になって初めてのお客さんだ。良く道を覚えていたものだ。

あいにく、大家さんは駅まで迎えに行ってすれ違い。私が相手をしたが、見ず知らない人を家にあげるわけには行かないので、荷物だけあずかり、モノ頭巾ちゃんは大家さんを探しに駅まで行き無事に涙の抱擁をしたという。

ちなみにモノ頭巾ちゃんはイギリス人、男性である。

お、となると、相手をした私は英語がペラペラ・・・ふふん。能ある鷹は爪を隠すというでしょ、モノ頭巾ちゃんが、日本語ペラペラのペーラペプシコーラだったのだ、くすん。

だれか、写真のゴリラ、心当たりはないかなあ。

リンク集

2007年1月10日 (水)

山崎拓前自民党副総裁、何しに行くんだ

こいつは驚いた。

いったいどんな立場でこの人は平壌まで行くのだろう?

ただでさえ、この時期は寒く、カイロでも配り歩くつもりか?

山崎拓前自民党副総裁である。Cimg0043_1

彼が仮にAと言う約束をしてきたとする。

それはしかし、私が行ってBと言う約束をしてきたのとどんな変わりがあるのだろう。

また、あなたが行ってIという約束をしてきた。

当然、すし屋の親父さんがRという約束をしてきた。

こうなると、ラーメン屋のおばさんもUという約束をしてこないわけには行かない。

さて、ここに、偶然にもA・B・I・R・Uという5つの約束がなりたったののであるが、それがいったい何になるのだろうか?

いいじゃないか、『趣味』の旅行んだから・・・ふーん。

その相手が偶然にも同じ人間だとしても、あくまでもマン・ツー・マンの約束でしかない。

これを一方的に自分に有利な意味にとられたら、門外漢である、上記の5人以外の日本人にしてみればかなわない。

この5人は、とくにあなたには悪いことをしたが、バカじゃないのか?

これで、国と国の約束が決まるものなら、外務大臣どころか、外務省もいらない。Cimg0109_1

万が一このA・B・I・R・Uの約束を盾に、北朝鮮が居直ったらどうするつもりなのか?

もっとも、誰に会うかわからないが、もしもこのような外交が成立するとなると、双方ともに国内情勢がおかしいということになる。

まさか約束のIは墓石の「石を倒す」のIではあるまいなあ。ん、誰が約束したんだっけ、このIは?

冗談じゃないよ、全く。私の場合は、「精神的に異常が認めれる」ですむけど、山崎氏はそうは行くまい。Cimg0084_2

いったい、彼の取り巻きや、政府は何を考えて行かせてしまったのだ。特別拘留でもして、国内に留まらせるべきではなかったか!

これでは、拉致された人々およびその関係者はたまらぬ想いだろう。

リンク集

2006年12月 1日 (金)

私がブログなる物に手をつけたのは

今思えば、【カレーライスの唄】が事の始まりである。これは、直木賞作家の阿川弘之氏の作で、上下2巻の文庫本を私は読んだことあった。

この人の名は、作家北杜夫氏かなんかのエッセイで「鉄橋を走る列車を見ると、大声を出して追っかけているような・・・」とかなんとかでしか知らなかった。Cimg0121 Cimg0086

この阿川さんの娘さんが美人の阿川佐和子さんだったとは、またまたしらなかった。

私は、「カレーライスの唄」があんまり面白かったので、友達に読んでみろと貸してやった。

友達はしぶしぶ上巻だけ持って帰ったのだが、あまりの面白さにその夜のうちに、近くの本屋で下巻を買って読んでしまったのである。

さて、私は夫婦でやってるすし屋「種市」になんとしても読んで欲しかったので、本屋を探したが見つからない。しかたがないので発注したのである。だが、すでに絶版になっている。

友達は引っ越した折に捨ててしまったに決まっている。そんなやつなのだ。

私は、阿佐ヶ谷から三鷹まで古本屋を探し回った。どこにもない。

不埒なことに、阿川弘之氏本人が自己傑作選ベスト10に入れてないから、見つからないことに拍車をかける。

しょうがないので、とりあえず彼の本を5,6冊買って読む。新刊まで買ったんだよ。

さらによせばいいのに、直木賞受賞作「米内光政」まで読んだ。Dsc00062

阿川氏には悪いが私は呆れてしまった。

なんだこれは、ただそのまんま「米内光政」ではないか。

確かにうらやましい。私は酒を飲むことを許されないのに、この主人公は淡々と酒を飲む、のむ、飲む、のむ、飲みまくる。

酒はもうどうでもいいのだ。なんで「カレー・・・」がないんだ。実際、下巻だけ読み直してみてもおもしろいのである。

数々の戦記物は確かに重要なものであるが、飲み屋のばあさんに聞いた女学校時代の話が私にはずしりと来た。Cimg1099_1

あるエッセイの中に「サーバを立ち上げる」という件があり、吉祥寺だったかなあ、「カレー・・」を捜す私に金田一晴彦氏「日本語xxxxx」とかいう文庫本が訴えてくるのである。(日本語を考えてみませんか、だったかなあ。面白かったのでお見舞いに持っていてしまったのだ)

「買ってくれえ、読んでみてくれえ」

読んでいてあまりのおかしさにげらげら笑った部分もあったが、阿川氏と同じことを書いていたのである。

「サーバを立ち上げる」という日本語はおかしい。両氏ともに気持ち悪いみたいな表現をされる。他動詞と自動詞がどうのこうの。でも、私たちの業界ではこのフレーズは当たり前になってしまっている。

お2人とも国文学者だと私は尊敬しているのは言うまでもない、じゃあ、サーバをたたせてみようじゃないか、そう思って、病気で働くのは控えなさいといわれていることもあって、サーバを作ろうと思ったのである。

だが調べてみると、無料日記だとか、ブログだとか手っ取り早そうなのがたくさんでまわっているのだ。

そうだ、サーバを作るのを日記にしようと思って、今度は無料サーバ、レンタルサーバを探すと同時に無料日記の類を調べた。

それが事の始まりで、今月のクリスマスで1年になる。

相変わらず、「サーバは立ち上がらない」

そんなことをしなくても、使い方を考えれば、このココログその他で、やれそうじゃないか、根が純情、正直、怠け者の私としては、現在に至ってしまったのである。

そのうち、「カレーライスの唄」は阿川弘之さんなら持ってらしゃるかもしれない。よおし、いつかもらいに行こう。

だいたい、自薦ベスト10にも入れてないほどの本であるから、たいして愛着もあるまい、などと純情な私がそう思い込むのは罪であろうか?

というわけなので、なんとか、復刻版は出ないものなのだろうか。

それとも、あなたがもっていて、ちょうど整理するところだったって。

ふーん。

リンク集

より以前の記事一覧

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック