« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月30日 (火)

寒くってかなはない。寒暖の差を足していくとどうなるのだろう?

この寒さはどうしたことだろう。

この3月の毎日の温度差をひたすら足していくと、いったい何度になるのだろうか?

例えば、直近の1週間の気温が10度、18度、8度、9度、3度、15度、3度だとすると、

前日との差は+8、-10、+1、-6、+12、-12となり、その差をひたすら足すと、49度も変化したことになる。

平均8度ほども変化している。私の場合、平均値には意味がないとは思うがまあ癖だね。

差が大きいことに意味がある。差が大きすぎると体にこたえるのだ。ぇ、誰だってそうだ!

私は心臓と頭におかしな病気を抱えていて、なおかつ、胸部の辺りに神経痛らしきがあり、さらに・・・(精神異常かあ)。

こう寒暖の差があると、動けなくなってしまう。

うかつに風呂に入ろうものなら、脳梗塞か、脳内出血か、・・・片頭痛が爆発しそう。

あるいは、心臓がいうことを聞かない畏れもある。

狭心症と片頭痛は相反する予防というか、治療が必要だ。

心臓が止まってはいけないので、血管を広げ、血流を活性化させなくてはいけない・・・たぶん。

一方、片頭痛は血流が活発になると、血管が破れる恐れがある・・・たぶん。

しかし、心臓が止まってはいけないので、片頭痛にはお構いなしにニトロで血管を広げる・・・たぶん。

それで、心臓は動くのだが、激しい痛みが頭部で起こる。

子どもの頃から慣れているので、心臓が痛み出すと、ひたすらじっとしておくのだ。10分ほどで発作はおさまる。

これが片頭痛だと、2,3日は、動いても、風が吹いても、ズキン、ズキン、と辛い。

だから私はニトロを使わない。

しかし、こんなにひどい3月も初めてである。

食事もせずに、寝ていた日がなん日あっただろうか。

今朝は春なのに、この冬一番の寒さだと言う。

おぞましい。

2010年3月26日 (金)

末期的症状

なにやらゆかし、スミレ草。

うーん、スミレ草、がよくないなあ、ズレブレ葬送・・・かなあ。

自民党が総崩れしたとき、何人かの大臣が多くの言い逃れのできないような自体を巻き起こした。

あれはきっと、マスコミのせいなのだったのだろう。

おなじく、現在も与党であるはずの民主党の幾人かの大臣が同じ轍を踏んでいる。

やんぬるかな。

民主党もまた、自民党と同じ道を行くのだろう。

しかし待て。

あの某亀井静香なる大臣は本物か?

彼は亀井騒動という、江戸時代の産物ではないのか?

いわゆる、お家騒動というやつである。

彼は、自分が率いる「一族郎党がいないと、お家断絶にござる」と、まあ、仇敵、イカニモニック氏・・・そんな輩がいたんだろうね、

しかしなあ、高い給料らしきをもらっておきながら、それをあだ討ちに使うんじゃあ・・ないよね。

亀井騒動の顔や醜し。

あれじゃあ、支援者もたまるまいのう、

なあ、

助さん、角さんや。

はあああ、ゴッロッポッポ、ごろ、ゴロポッポッポポ、ごろ、ごろ、ニャンニャン,にゃにゃん♪

携帯電話を修理に出しました④

前の記事はこちら↓

http://abil.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-a2e0.html

とどのつまり・・・もう2週間も経つもんね。

いつまでもほっとけない。

いつまでも、ほっとけない、ほっとけない!

実は修理された携帯電話はいかにも修理しましたよという想定が施されて帰ってきた。

セロファンと言うのか、しーるというのか、が、液晶のいたるところに貼られていた。

キーボードにあたる部分にもだ。

そして、修理費はゼロだった。やったああああああ!

その代わり、データは全てクリアされた。

アメリカ映画では、敵を殲滅した場所で、あるいは鎮圧した場所でのセリフ。

銃を構えながら、

「クリア!」

「クリア!」

おらあ、びっくりああ・・・。

データは全てクリアされたのだ。

まだ見ぬラブレターだったろう、メールも。

あの可愛かったはずの彼女の写真も・・・だ。

すべてはシールドの彼方に消え去った。

そして、もぬけの殻の携帯電話がここにある。

辛かったんだよ。

だからこそ、書けなかった。

ごめんね。

2010年3月14日 (日)

携帯電話を修理に出しました③

前回の記事はこちら↓

http://abil.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-aad4.html

阿佐ヶ谷3丁目にあるソフトバンクショップまでは、ぼくの部屋から徒歩6分の距離、そこは中杉通りに面している。

ここはケヤキ通りとしては、日本でも日本有数だと、他に自慢できることがない×××は言う。もしかしたら、オッホン、日本で一番長いと聞いたことさえある。

さてそのソフトバンクショップに行くまでに相当汗をかいてしまった。昨日までの寒さとうって変わっての暑さである。

こう、気温差が激しいと、病弱な私の体は悲鳴を上げる・・・(ばか体が悲鳴だと、悲鳴を上げるのは口だろうが)いいじゃないか、口も体の一部だ。

ショップ内は客が3人いて、それぞれに従業員が対応している。

私は係員の指示で、ディスプレイのメニューから用件を選択する。

故障・修理だったかなあ、真ん中を選んだ気がする。

すると、おおお、マジック。

文明開化の音と伴に【101】と書かれた紙切れが出てくるではないか。

しばらく汗が引くのを待っていたら、僕の正面の女性従業員が、対応している60才ほどの男性客に、後のお客さん(私です)がいますので、あちらでお待ち下さい、そのような話をしていた。

「101番の番号札をお持ちの方・・・云々」

私が指示された一番入り口に椅子に腰掛けると、事もあろうに「ご用件は?」だと。

ばっかやろうおおお、じゃあ、あのディスプレイでの選択はなんだったのだ?

「こいつのシャープの液晶画面が映らないんだけど」

「あら、ホントですね。いつですか?どのような時にこうなりました?」

私は、質問に答えながら、免許証を取り出した。

免許証を見ながら、紙に電話番号を書いてくださいと彼女が言うので、渋々と書いた。

本来なら、電話番号を調べるファンクションを押すのだろうけど、何しろ、このシャープの液晶画面は真っ黒なのだ。

「お客様、これはですね、この画面の端に細い紫の線が入ってますでしょ」

あー、わかってるよ、それは最初はなかった。途中から出て来た幅1mmにも満たないラインだよ。

「この紫の線が入ってるというのは、内部の基盤が壊れている可能性があります」

「だから?」

「お客様は、アフターサービスの保険に入られてますが、適用外になる可能性がございます」

「な、な、なにいい、こんなおかしなものを売りつけておいて、それはないだろう」

「しかしですね、ソフトバンクでは対応できないんですね。メーカーの方がどういう対応をされるかで決まるので、我が社ではなんとも言えないのです」

「ふざけるんじゃないよ。液晶のシャープだろ?リコールして然るべき製品じゃないの?」

「それは・・・我が社としても・・」

しばらく押し問答の後で、話は電話情報に及んだ。

「申し上げ難いのですが、中の個人情報(電話番号等ね)は保存されていますか?」

「はあ?」

「たとえば、SDとか、パソコンに保存されてますか?」

「え、SDに保存できるの?そんなことしない。だってデータはシムだったか、カードに入ってるんじゃないの」

「いえ、それは、通信会社と機体番号などの管理情報です」

やはりかあ、おかしいと思ったよ。

「では、代替にデータを写しますけれども、もしかすると、できないかもしれません。私の経験では、紫の線がでている場合、だめだったと思うんですよね」

「なんだとおお、修理代は取るは、個人情報は消えてしまうだとお」

「やってみますが、そうなるかもしれないことを了承して下さい」

怒りに任せてこの項続く。↓

http://abil.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-edf2.html

2010年3月13日 (土)

携帯電話を修理に出しました②

前項までの日記

http://abil.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-f5f8.html

なぜだ?どうしてこういう大事なときにドジを踏む?

なぜ?

とにかく、なぜだかわからないけど、私はこの携帯電話の液晶画面をクリアにしなければならない。

日曜日は・・・♪そのまま寝てしまった。

月曜日は・・・♪詳しいやつに事情を話した。これじゃあ、どうにもならない。だって何も見えないもんね、が彼の答え。♪チュラ、チュラ、チュララ♪、♪・・・・。

火曜日は・・・♪サポートセンターに電話をかけた。いろいろ質問を投げかけた。でも私が大雪のため、全身筋肉痛で♪、動けなーい、チュララ♪♪

水曜日は・・・♪ショップが定休日。こんなバカなことが・・・。♪前日から知ってたけれどおお・・・♪♪。チュラチュラチュララ♪♪♪♪

木曜日に、ショップに出かけ、いろんなことを訊いてきたああ♪♪♪♪♪♪

さて、その内容はあああああああ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

この項続く♪♪♪♪♪♪。

http://abil.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-a2e0.html

2010年3月12日 (金)

携帯電話を修理に出しました①

信じられない。

液晶のシャープと言われたのは今は昔・・・なのか?

もともと、そういうことを言われたことは・・・なかった?

日曜日である。充電プラグを抜いた。

すると、画面が真っ黒になってしまった。

何も映らない。

上部(蓋かな)を開くと、音がする。

何も映らないので、私が何か知らないコマンドを触ったのか?

その電話が鳴った。

でも、画面は真っ黒だから、誰から来たのかわからない。

私は、香港へ帰るという、その友人に、あることを伝えた。

「わかった、メールする」

翌日から、上部の外部液晶が青く光りだした。

げ、メールが来てる。

でも画面が真っ黒だから、メールは読めない。

僕はバカ、画面が真っ黒なんだと伝えたはずだ。

なぜ、パソコンにメールしないのだ?

そのメールは、中国へマグロを空輸する、航空会社か、輸出業者が書いてあるはずだ。

私は、なんとか治らないものかと、ボタンをあっちこっちと押し捲った。

この項続く。↓

http://abil.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-aad4.html

2010年3月 2日 (火)

オリンピックショック、眠いのに眠れない

だめだあ、眠いんだけどなあ・・・アイスホッケーでもやってくれないかなあ。

バンクーバー冬季オリンピックで、かなりおかしくなったぞ。

この時間帯、23時過ぎは眠くないはずなのに、眠い。そして眠れない。

いつもなら、喜んで起きてるはずなのに、あー眠い。

眠くなると、体が熱くなるのは私だけか?

明日はバーレーンとのサッカーの試合があるらしい。よおーーーおし、これだなあ。

バンクーバーからバ-レーンへ・・・試合があるのは日本らしいが。

このサッカーで時間を取り戻そう。

お休みいいいい。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック