« オリンピック代表逆転負けえええ | トップページ | 日ハム優勝、ボクシング、相撲界の影で »

2007年10月18日 (木)

亀田大毅の謝罪と10ポイントマスト制

亀田親子が先日の内藤戦の試合について謝罪した・・・ことになっている。

だがあれで謝罪と言うのなら、日本語は失われている。

私は反則は反則として試合を没収するなり、その時点で亀田大毅の反則負けを宣言するべきだったと思う。

だが、その前の今回のルールに疑問がある。

それは10ポイントマスト制である。

ジャッジは各ラウンドに必ず10-9の判定をしなければならない。もしダウンすれば、-2点、ダウンして負けそうになればー3点だと言う。

引き分けのないラウンドがあるのだろうか?

たとえ効き目のない、無駄うちでも、触っていても、撫でていてもパンチとみなされ、ガードで様子を見てたら、そのラウンドはすべて負けとなる。

ボクシングはその判定に「ドロー(引き分け)」というルーrつがあるにもかかわらず、どうしても各ラウンドに優劣をつけねばならないのだ。

こんなばかげたことはないと思う。

確かに両者ともにそのルールで行われると言うことを知っていたのだから、その点では平等であるが、戦い方が違うものに対してはどうだろうか?

闘育論―亀田流三兄弟の育て方 Book 闘育論―亀田流三兄弟の育て方

著者:亀田 史郎
販売元:創美社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

かたや竹やり戦術で、こまめに突くが、竹やりでは鋼鉄の鎧には歯が立たない。だが、ポイントとして買ってしまう可能性が高いのだ。

ぜんぜん効かないから、鋼鉄の鎧を着た戦士は突かせるだけ突かせる。

そして、必殺の爆弾を一発投げ込めばそれで終わりなのだ。

そういった、タイプが違う選手を戦わせたこと自体に誤りがある。

亀田を出せば興業的に設けることができると踏んだ、ボクシング界とメディアの策略だとしか思えないのだ。

その試合の結果、亀田は相次ぐ反則を犯す。

【7月号】特集7:誰も書かなかったプロボクシングの驚くべき舞
配信元:電子書店パピレス
提供:@niftyコンテンツ

だいいち、戦うべきレベルではないし、やるのならこの10ポイントマスト制を拒否すべきだった。

そうであれば、4ラウンドまでに大差はつかなかっただろうし、その差はたった一度のダウンでは逆転できないのだ。

もともとテクニックはチャンピオンがはるかに高い。

きちんと謝罪できないほど、まだ人間性も技術も完成されていない亀田大毅である。

すべてが茶番である。

ただ、亀田大毅の父、亀田史郎は大人なのだからきちんとした態度を取るべきだったと思う。

もし、亀田大毅の制裁を緩めてほしかったのならば、自ら永久追放を望めばよかったのではないだろうか。

バカを見たのは高いお金を出して試合場まで足を運んだファンと私たちで、マスコミはこれでずいぶんと儲ける事ができたということだろう。

いい加減にしてほしい。

« オリンピック代表逆転負けえええ | トップページ | 日ハム優勝、ボクシング、相撲界の影で »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/8486570

この記事へのトラックバック一覧です: 亀田大毅の謝罪と10ポイントマスト制:

« オリンピック代表逆転負けえええ | トップページ | 日ハム優勝、ボクシング、相撲界の影で »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック