« 東京マラソンは観光所めぐり | トップページ | 明日は天気が崩れそう、今のうちに »

2007年2月13日 (火)

沈没させたのは白い大型船?

昨日(12日)、天気がよかったので、毛布を干した。枕である座布団とクッションも屋根の上に干した。

誰もいないようだったので、洗面所とトイレを水だらけ(洪水じゃあないよ)にして、床をデッキブラシでこすり、さらに雑巾で水を吸い取りつつ、拭きまくった。床の水は辛い。腰がもうつるし、なれない事をするものだから、ふくらはぎまでつった。Cimg0008_2

「タ、助けて・・・」

一方、こんなかんじのニュースが流れた。

沈没したマグロはえ縄漁船「幸吉丸」に乗り込み、3日ぶりに救助された取材カメラマン林洋平さん(29)の父稔さん(61)は12日午後、宮崎県日向市の日向市漁協で「地獄から天国に昇るような気持ちだった」と、息子の生存の報に触れた瞬間を振り返った。

浸水してくる海水を掬っては、ボートの外に捨てたのだろう。私の床磨きとは比べ物にならない辛さだったろう、私など使い物にならないので、一思いに海にザブンだ。Dsc00157

三人とも生存しててよかった、よかったが、彼らが言う言葉に、私は目をパチクリ。

「白い大型船にぶつかられ、そのまま、その船は逃げ去った」

と、聞こえた。私の耳、なれない掃除をして耳まで(頭は以前からである)おかしくなったのかと思った。

これじゃあ、「当て逃げ」じゃあ、ないのか。

どうして助けなかったのだろう。Cimg0223_1

気がつかなかった。

助けられるような状態ではなかった。

理由はしらない。船の中に大量の麻薬が積んであったか、そんなことは知らない。

だが、衛星から見られてるだろう。捕まるのは時間の問題である。

捕まらないとしたら、すでに自爆したのかも。

私は、なれぬ運動で、体が痛くて、ろくなことは考えられないから。ついつい、麻薬や大量の裏金を積んだか、スーパーKを製造する機械でも積んでいたのではないかと想像してしまう。

ああ、健全な精神は、健全な体に宿るというからなあ、早く治ってくれよ、MY Body。頼むよ。

白い船も、黒い船だったらヨカッタかも。

だが、あの救命いかだ、山登りのテントになりそうだなあ、軽ければだが。ラクでいいや。

リンク集

« 東京マラソンは観光所めぐり | トップページ | 明日は天気が崩れそう、今のうちに »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京マラソンは観光所めぐり | トップページ | 明日は天気が崩れそう、今のうちに »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック