« 安倍政権、地域格差問題に告ぐ | トップページ | 反町ジャパン、快勝? »

2007年2月28日 (水)

地域格差は核廃棄物で埋めましょう

現在、核廃棄物、これは原子力発電所から出るらしい。私は専門家ではないから、細かいことはわからない。

例えば、何が、どのくらいの量出て、それは一体いつまで続くのか、毎週、毎週でてくるのか、毎年、毎年出てくるものなのか。

それを処分するにはまずは埋めておいて消え去るまで待っておかねばならない、つまり他に方法、分解する方法はないのかなどということである。Dsc00124

この核廃棄物最終処分場が、全国の貧乏な村か町か市かそれはよく分からないが、どこかに処理場を作らねばならないそうである。

その話が個人負債額日本一の対馬にもやってきている。調査費だけで凄い金額が動くと言う。当初は年2億だったのが10億とも言われ、着工まで7年間ほど支払うのだそうだ。

調査だけだよ。

その結果、「ダメだ」と答えればもらいどく、どくはこの場合、「毒」だね。格差を核廃棄物を埋めることで埋めるというのだ。恐れ入りました。

では、その調査と言うのはいったい、何をするのか?その場所を特定するためには山を削り、川を潰し、工業団地みたいな物でも作るつもりなのだろうか?

それだけでも大変なことだ。

一度森を潰したら、何年かかるのだ?

森があるから海が生きる。

対馬が海産物に恵まれてるのは、ずっと奥深い山々を守ってきたからである。標高せいぜい600mの山波であるが、ほとんどの山はそのまま平野も持たずに海に落ちる。Dsc00191_1

崖だらけなのだ。だから米などろくに採れずに、現在の佐賀県に「飛び地」なる田んぼをもらっていた。たぶん「田代」と言う町名になっている。

朝鮮貿易に対して、石高が低いと嘗められるからだったと記憶する。

そのさらに昔は、山口を含む九州各地から、防人ようにと3万石ほど(こんな数字はあてにならない)を供給させていたほどに、農作物は少なかったのだ。

サツマイモは徳川第八将軍、吉宗が青木昆陽に栽培させたとなっているが、その8年も前から対馬では取り入れている。それほど食べるものに困っていたのである。

しかし、国防として大事な島だというので、木下順庵の門下生、当時の日本の天才といわれた10人のうちの2人もが対馬で働かされている。

一人は陶山訥庵(すやまとつあん:対馬生まれ)と、もう一人、雨森芳洲(滋賀生まれ)である。

簡単にたとえるなら内閣の20%が対馬に派遣されていたと考えていい。

30年ほど前に、この対馬に世界に7基しかないオメガ塔、高さは東京タワーの上を行く鉄塔を建てた。舟志湾の中だったと思う。Dsc00089

これは、アメリカ軍かNATOの潜水艦の連絡中継基地である。こいつで世界中の西側は連絡を取るのだ。

もし戦争が起きていたら、真っ先にこの7つの塔は破壊されることになったはずである。全島大空襲を受けたかもしれないのだ。核爆弾が落とされる可能性もあった。

それをも知らされずに、なにも知らない島民にお金を配ったんだろうね、建設させたのである。おめでたいことに、観光地化しようとまでした。

そりゃあ、日本一のタワーが建つのである。お金も入る。よろこぶよねえ。幸い、戦争は起こらなかったが・・・。

そして、今度は核廃棄物と来たもんだ。

元寇の時、幕府が送った援軍は、元軍10万人に対してわずか80人である。対馬は見捨てられたのだ。

江戸時代でもそうだ。大飢饉が起こると、対馬への食糧の輸送は止まった。またも対馬は見捨てられたのである。

そのときなきついて朝鮮に属してもいいからと、1万石もらった。私の記憶が正しければだが。Dsc00030

日露戦争では対馬を本当に二つに掘ってしまった。確かにその前も掘ってはいるのだが、あれほどの大きな橋、万関橋を作らねばならないほど掘った訳ではない。漁がし易い、東西の行き来を楽にするためだけの工事だ。いったい、生物生態系はどう変わったのか?

現在であれば、猛反発を食っただろう。

弱りきったバルチック艦隊がそれほど怖かったか。怖かったよね。

そして今回の騒動だ。

どんな騒動なのか、想像がつくまで待っててね。それまで続く

リンク集

« 安倍政権、地域格差問題に告ぐ | トップページ | 反町ジャパン、快勝? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地域格差は核廃棄物で埋めましょう:

« 安倍政権、地域格差問題に告ぐ | トップページ | 反町ジャパン、快勝? »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック