« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

腹痛の魂

私はイタズラとも本気とも取れぬ、出会い系サイトの、悪いところ、非常に悪いところ、理不尽なところ、間抜けなところなど、いいところも含めて、実際体験したこと、あるいはそれにラップをかけたり、唐辛子をかけたりしてた・・つもりである。

法的なこと、専門的なことは「悪徳出会い系サイトを暴く」(うろ覚え)とういうサイトがあり、身の上相談みたいなこともやっているので、私は、違ったアプローチを試みたつもりである。

その物語は「deSIET」でのんびり書くつもりだったがそうも行かなくなってきた、そんな気がする。少し、あちらにパワーを入れねばなるまいと、何でも喰って、貧血を治そうと試みたのであるが・・・・。

やあ、なんでも喰うものではないと、育ちの言い私は痛感した。

あまりの激痛、腹痛で目が覚めた。かなりひどかったと思われたカンのするどいあなた、あなたのカンは正しい。直ちにカンに従い食事を取るのを止めるのを薦める。

しかし、原因が分からない。

先ず第一にゆうべは誰もが知るほどに暑く、私は窓を開けっ放しで、下着だけで寝ていた。

次に、庭に落ちていたびわをシャーベットにしてガリガリやった。

賞味期限のオーバーしたそうめん、スパゲティ、喰えそうなものは何でも食べた。ジャムにラッキョウ、味噌汁。キャンディ。病院からもらっている薬の数々、鮨をおごってやるからと、4ヶ月ぶりに握り、刺身まで食べた。思えば、私が酒を飲んでる毎日は、すし屋に行かない夜はなかった、その店が開いている限り。

さらに、当日限りの豆腐が1パック30円になる。おととい辺りに書いた一丁300円オーバーの豆腐の影響もあったのだろう、無性に豆腐が食べたくなり・・・。

こう考えてみると、どれに責任があるかというより。さらに氷水をがぶ飲みする私にこそ責任はある。

こうして私の午前中は定期健診に行く余裕などなく、定期ベンへと直行の時間となったのである。

こうなったのも、あの「わたくし、財閥ですよのという山野十和湖」らをはじめとする悪徳出会い系サイトの一味にも責任の一端はアル・・・はずだ。

彼女らは私にたいして大いなる仮がある。それを返す、返すといいながらも返したことがない。

であれば私が受けたことは事実ですから公表します。もちろん彼女らは、せいぜい懲役10年。どんとこいである。

そこで私は。小説形式に公表しようと思う。何しろ彼女(男)らのデータはたくさんとってある。いくらサギの罪が弱いといってもだ、これはどうかな。

「売春斡旋」

これはどうなるのだろう。このデータもなぜか紛れ込んできたのだ。

さて、私は「埋められるのだろうか」、それともうまく、これらの話を調理できるのであろうか。私の腕やいかに。

せっかくだから、主なるハンドネームを上げておこう。

「逆援助金本」「七海」「真帆」「香織(経営者)」「麗美」「山野十和子」

「美和」「るる」・・まだまだつづくが、なんでわたしがそんなにたくさん知ってるんだと、妙にかんぐられても困るから、このへんのしとこうか。 

あんまりかくと、ほら、また「不屈の魂が」

2006年6月29日 (木)

くりばあの7不思議

私たちが「クリばあ」と密かに声を大にして、おまけに、こんなところにまで書いてしまう、ばあさんがいる。

ばあさんは、幸か不幸か旦那に先立たれているらしい。だが、いたって元気である。

これが不思議なのだ。ばあさんは私らが持っていく「おみあげ」をめったに口にしない。彼女が口にするものといえば、当然ながら、人の悪口、陰口のかと思いきやそうでもない。

例えば私が田舎から送ってきた、高価な、この辺では口にできないようなものを持っていくとする。あるいは、庭にカラスも食わないびわがあると、いくつか持っていく。冬の間には、私が丹精込めた柿のジャムを持っていく。

だが、このばあさんはめったなことでは受けとらないのである。

よほど、子供のころ、人様からもらったもので七転八倒、死ぬ思いをしたか、あるいは相当な良家のお嬢様か、よほどきびしくしつけられたのだろうか、なんとかして、この「くりばあ」にあれがまた食べたいとそういわれるものを、目に前で。一人パクパクと食ってやりたいのが私のかすかな。わずかな願いである。

実は今日ももらってきた。嗚呼、情けない。しかも私の決して好きではない、甘いお菓子である。

「鎌倉 半月」抹茶風味とある。

甘い上に、抹茶である。

何が悲しくてこんなお菓子をもらわねばならない、だが、私はばあちゃん子である。日頃もどっさりあめ玉をもらい、りんごや、なしをもらい、ビールまで飲ませてもらうしまつである。

私が島育ちだからかなあ、妙なお菓子より、今なら、桑のみ、レース、しもも、ゆすらと気によじ登って食べたものであるが、もっとも、東京では見たこともないものばかりである。

あああーあ。

いつかこの「くりばあ」が泣いて喜ぶものをくわせてやる!甘ったるくてしょうがない「半月」(御免ね、キット、好きな方には目のない味だから)を氷水で流しこんでいるのである。

私はどちらかというと、お書き、せんべいの類がいいかなあ・・・。

しかし、必ずや対馬のうまいものをくわせてやる、私はかたくちかうのであった。

それにしても免許証がみあたらないなあ・・・。

そろそろ。あのサギ女かサギ男か、あいつらにわなを仕掛けてやらねばならないからである。

2006年6月28日 (水)

かくて、私も生き埋めである

偽装誘拐事件というのを、実際に私は経験し、隙を見て警察にも連絡した。だが、警察は事件にならないと動かない。どこかの酔っ払いが暇潰しに電話しているとしか思わない。

それはそうだと当の私も思う。詳しい事は、結構脚色して(脚色しないと真実が見えない、のではないかと思った)、「deSITE」に書いている最中である。そちらをどうぞ・

病院に行く途中、怖い階段の上のほうで携帯がなった。

「あなたねえ。112929におぼえがあるだろう」

そうだ、「deSITE」に書いている「偽装誘拐事件」の、出会いサイトである。くわしくは・・・

基本的に、携帯の向こうは、「お金を払え」とうことである。しかたがないだろうなあ、それが彼の仕事である。極めて同情する。

だが待て、私は、誘拐された知言い張る本人「橘香織」に頼まれたことをやっただけで、それに関わる費用は、彼女が生きていたら返す、だから私はたて代えたのである。

時間のして7時間、少なくとも5万円は立て替えている。

携帯の向こうはどうやら回収業者であるようだ。回収業者というのは、普通は、貸した会社Aが、取立てを会社Bに頼む。

ところが最近は、不況のためか同一社内でやっているようで、

「たちばなかおりは、おんなかおとこか?」

「え、メ-ルですよ、わかるわけありません」

携帯の向こうでは、なにやら相談が行われているらしい、どうやら、社員の確認をしているのだろう。

「そんなやつはいない、だいいち、誘拐されたからといってなぜおまえが助ける、しらんふりをすればいいだろう」

「馬鹿な、殺される、助けてくれ、そういう連絡をを受けて、そんなことができますか?」

そんあやりとりをえんえん、30分かなあ。そちらの方が高いのではないかと、私は余計な心配をしてしまう。

いつしか私は庭に出ていた。いつまでも、声の通る吹き抜けの階段でしゃべるわけには行かない。

私が、まとも、冷静であったと思うゆえんである。

道行く人々には挨拶をする。これは、携帯の向こうにはプレッシャーであったようだ。私が、まとも、冷静であったと思うゆえんである。

ついに向こうは切れ出した。

「おまえの話は気がくるっとる」

「S。そうです。僕、精神病院に通院してるんです.。よくわかりましたね、今からも病院に行くところなんで、そろそろいいですか?」

私は内科に行くところであった。私が、まとも、冷静であったと思うゆえんである。

「おまえなんかなあ、表に出るな!家ん中でじっとしてろ!」

「え、家の中にいるとまた出会い系サイトに。。。」私が、まとも、冷静であったと思うゆえんである。

「だってねえ、きちがいはひと殺しても無罪ですよ、たかが電話ぐらい、触りますよ」

「とにかくなあ、」ガチャン!

どうやら私の運命は決まった。おそらく生き埋めである。私が、まとも、冷静であったと思うゆえんである。

これで、2社目でとなった。しかし、私は本当にどちらも立て替えさせられたのである。後何社くるかなあ・・私が、まとも、冷静であると思うゆえんである。

しかし、痛いのも嫌だが、生き埋めもなあ・・私が、まとも、冷静であったと思うゆえんである。

さて、こうなれば、もうあなたは、あちら,「deSITE」を読まずにはいられないはずである。

それは、あなたがまとも、冷静、かつもの好きであると思われるゆえんである・・・・・・なぬ?・・なにもいえんとな。

(うーん、向こうにプレッシャーがかかるゆえんである)

2006年6月27日 (火)

真昼の豆腐屋

不思議な時間に来るものだと思う。こんな時間の来て商売になるのだろうか、相当、我々の生活時間がずれてしまったのだろうか。

私がまだ嫁さんをリリースする前、私たちは現さいたま市になるまえの、与野本町という、現在、ジョン・レノン館まで散歩できるところに住んでいた。

私が、午前5,6時にゴミを出しに行くと、必ず、声を張り上げて走っていく男がいた。

「なっと、なっと、なっとおおお」

なんだ、と振り替えるまもなく、ドップラー効果抜群の作用で、走り抜ける。

「なっと、なっと、なっとおおお」

これでは、買いたくても、普通ではかえない。一緒に「なっと、なっと、なっとおおお」と叫びながら走らないと、絶対に買えない。私は都合7年いたが、一度もその素顔すら見たことがない。ただ、聞こえる。

「なっと、なっと、なっとおおお」。「なっと、なっと、なっとおおお」

サテ、時は移り、リリースした元嫁はどうしているだろう。なぜ思い出したかというとだな。

「なっと、なっと、なっとおおお」の代わりに、ゆっくりと、ッ角々をリヤカーを引っ張る若者が、家の前、私が庭に自転車をしまう時によく通るのである。

彼は「なっと、なっと、なっとおおお」の代わりに、なんと言うのだろう、つのぶえかなあ?この辺りは、道が狭く。クランク状であるからあまり遠くからは聞こえない。

「ぴーぷうううう、ぴいぷううう、ぷううう」

こんな感じだろうか。天は2物を与えず。木枯らしかと思ってしまうね、これじゃ。

なんと、Tシャツ姿の豆腐と納豆やが、昇りを建てたリヤカーを引いているのだ。

この時間だよ。埼玉県とは大違い。もっとも、この豆腐屋、現れたのは今年になってからだが。

「ぴーぷうううう、ぴいぷううう、ぷううう」

私はシャッターを開けながら聞いてみた。「冷やかし」というやつである。

「売れますか」                                     

「ええ、なんとか」

「買わないんだけどね、いくらするの?」

「300円からです」

私は貧血。たおれそうになりながらも、つづけた。

「おいしいんだるうねえ」

「そりゃあ、もう。どうです、おひとつ」

「いや、一人じゃ・・・本当は豆腐も納豆も欲しい。(ぐっとがまん)一日いくらぐらいになるの」

「色々ですけど・・・5まんかな、6まんかな」

うわ嗚呼、すごっ。300円として200個である。さすがは阿佐ヶ谷村である。昔ながらのモノを欲しがると見える。

ああ、酒が飲めたらなあ・・、私は立派な客になっただろうに。

「ぴーぷうううう、ぴいぷううう、ぷううう」私は寂しくその音を懐かしむのだった。

「ぴーぷうううう、ぴいぷううう、ぷううう」「ぴーぷうううう、ぴいぷ」

2006年6月26日 (月)

窓の外

幸せなことに、私の部屋には窓が、それも両手を思いっきり広げることができる窓が、わはははは、ふたつもあるのだ。

ひとつはほぼ西を向いていて、大きな駐車場にやけに大きな木々が、その勢力を伸ばしている。

窓を開けるよ。

確かに涼しい風が入ってくる。うーん、いい気持ち。だがその50mほど向こうは青梅街道に繋がる。

これがうるさい。街道沿いの人々は大変だろうと思わざるをえない。

いっぽう。その左、即ち南側の窓を開けると、いやね、窓まで開ける必要はない。

ただカーテンを広げるだけでよい。

目の前に、私名づけるところのジャングルが広がる。しかもだ。しかもそのなかにィ、くっくっくっく。

びわ。

びわがなっているのだ。

この広い阿佐ヶ谷村の恵み。楽しみでしかたがない。

ついつい、ベランダに出てびわの子を観賞する。

からすにやられるんじゃないぞおお。私は食べごろを日夜、狙っているのである。

その周りには青々とした梅かな。梅らしきがあるが、うーん、まだ私には関心がたりないようであるが、あまりきにしない。でも、いい写真にはなるだろう。が、蚊が多く、入り込む勇気が足りない。

毎日錬夜。出会い系サイトの中に身を置く私にも、コンナ一日があったのだ。

でも、あのびっきー。夜はどきりとするななあ。

2006年6月25日 (日)

ブログ大改造計画

さて、こんなことをはじめて、冬至から夏至を過ぎてしまった。

私は事前かいの摂理にのっとり、およそ半年間、なにもしたずにとまでは言わないが、ほとんどしらずに、梅雨をむかえ、阿佐ヶ谷名物とまでなってしまった、私の誕生日をむかえようとしている。

そこで、そろそろコンテンツを変えようかと思う。本来ならば、無料サーバをやめ、自分で作りあげるべきだろうが、そこまでやってしまったら、世間にもプロにも申し訳がたたないではないか?

ちょうど、「SF.阿比留一族が往く」も惜しまれつつ終りを迎えることができ、時期的にはちょうどいい。

そこで、この2月から飯も満足に食わずに20数キロ痩せテ調べたものがある。こいつをなんとかしてみたい。すでに実験的にこのコーナーで何度も掲載し、最近では700あまりも海外からトラックバックしてくる始末。

果たして彼らに私の文章が分かるとはとうていおもえないが、うるさいほどやってくる。ぜひ翻訳してみたいものであるが、私は大学入試の模擬試験で2点の超実力者である。どんなに都合のよい翻訳になるか既に分かっている。

マ。それはそのうち興味あるひとにまかせるとして、私は闘う。その新サイトを現在構築中である。

これを読んだら、10年後をめざし。多くの資本家が参入してくるほどの可能性を秘めている。だから、いま、「さぎ」「売春斡旋してるかどうかわからない」などでつぶれてほしくないのだ。

それで、やってみようかと考える。

まあ、実際はおもしろいが、こういうものになるちわたしのてにおえるかどうか、まずはうあってみるから、応援よろしく。

緒夫、フルーツff、今日はずいぶんいいやつがあるみたいだが。dれかいないかな?

2006年6月24日 (土)

フルーツff真っ盛り

ははははははは。

ただいま、フルーツff、真っ盛りちゅうううううう。

いかがですww?

ただいま、フルーツff、真っ盛りちゅうううううう。

特に今日のはmmm

ただいま、フルーツff、真っ盛りちゅうううううう。

さ、さあ、さあ。さ、どうぞnnnn!

ただいま、フルーツff、真っ盛りちゅうううううう。

ただいま、フルーツff、真っ盛りちゅうううううう。

ただいま、フルーツff、真っ盛りちゅうううううう。

フルーツff、真っ盛りちゅううううう

真っ盛りちゅうううううう。

ちゅうううううう。

どんなもんですuuu。

ただいま、フルーツff、真っ盛りちゅうううううう。

2006年6月23日 (金)

私ウソノ・カオリです

人にはそれぞれ秘密がありまsよね。秘密なくしてお酒は飲めません。あ、申し遅れました。すみません。私「ウソノカオリ」と発音します。なんとなく嫌な名前と思いません。私が香水してるときまっていわれることがあります。

「今日のやつは、スグネルの18番、ウソノカオリだ」

どれ。どれ。やあ、こりゃ。みんな集まってくるのでs。もちろん私の美貌にでsわ。くす。

「スグネル」かあ、「ウソノカオリ」高いんだろうねえ。きいたこともないし、初めて嗅ぐよ、ウソノカオリ。

「あら、世界的権威の香水博士よスグネル氏は。こっちの方が覚えやすいの。本当は発音がひどく日本人にはあわないし、こちらの方が楽しめる、話題になる、そうでしょ。だって、すぐ眠るんですよ」

「そういわれてみると、ママのひざの上でさ・・・いい?」

「くすっ。だってぇ、スグネル・ウソノカオリでsのよ」

「ねえ、ママ。いいdろ?」この男ママのふとももにてをのばs。そっとその手をはらうママ。

「Uff。おばかさん、ボーイさん、こちrフルーツ盛あわせ」

ボーイがママに耳打ちを。

「あらまあ。たいへん。みなさん、こちら今日はいったばかりの、さあ、あててごらんなさい、eeことあrまs」

もちろん、eeことってことはeeこと。みんな、これが目当てでやってくる。

「じゃあ、おれからeかna?最近Fちょうでさあ」「馬鹿、わしだって6なめにあっとらん」「たのむwwww、こんばんだけはわしに」もう涙。

「じゃあ、fルーツffね」

「ああ、いいとも、え、ff」

「それじゃわしがffもらった」

「は@い。きまり。ボーイさんffね」

ffを競り落とした男の側にママは移動した。ママに連れられ、新人もまたその横に。

そして他の客はみなそのテーブルをくやしそうににらんで去っていった。

さて、このふるーつff。興味のあるちころであrが、なにぶん、フルーツに囲まれ、テ-ブル自体も見えないのだ。

フルーツff。いったいなにか。明日も用意できるかなママ?

「さあ、それは、それでもとおっしゃるなら、このウソノカオリがフルーツFFを用意しましてよ。ほほほ」

さて大の男が涙するというふるーつffとは。それはなにか?明日きてためしてみms?

2006年6月22日 (木)

サイト関係の女

なにが面倒だからといって、サイト関係の女性である。香織を初めとする彼女たちはサイトの通信費が即ち「給料」である。

その給料を上げるためには、自分の知り合いも一般電話を遣わせてはならないのだ。だから彼女たちは自分の電話番号を教えない。連絡したいなら、会社経由で。どこぞのホステスと変わらない。

通信費が彼女の売り上げになるのだから知り合いをも食い物にしている恐るべき生命体なのだ。メールが現在は支配している。メールだとどうなるのだろう。私なら画面に出すだろうし、あなたもそう願うはずだ。時に必要であれば印刷する。

ところが、彼女たちのアドレスはmail@abiru.comのようにひとつしかない。だから携帯電話だと、着信メールは誰からきたものか、わからない。

発信側も心配になる。本当に目指す彼女に届くのか、届いているのか?

すぐさま返信すればまだセッションがつながっているだろうが、これらは時間か回数かでどんどん切り替わっていくはずだ。また、アドレスIDが割り振られ、これもじっとはしていない。だからころころとアドレスが変わるのであるが、彼女たちはそのことは知らない。

ただ、会社から言われたとおりに、けっして、自分の電話番号、アドレスを口にすることはないのである。お客に伝える方法があるらしいが、10倍以上のお金を要求するのではないか。 哀れの図が見える。(合掌)

会社のサーバがダウンすればどうなるかを彼女らは知らない。さらに自分が書いた全て、受けた全ての通信記録が会社に残る。この恐怖を感じたことが無いらしい、哀れな存在なのだ。(合掌)

で、私は困っている。何でただ同然の電話に500円も取られなければならないのか、私は全面的ではないが、その一部を受け持ち、社員まで紹介したものの一人としてがまんがならないのだ。

定額・低額・高速通信にかけた夢を食い物にする、バク等が許せない。

さらにこいつらは、うかつに個人同士が個人レベルで通信を始められたらたちどころに食い扶持を失うことになるから、「さくら」をつかったり、会おうとする二人にその逢うであろう時間めがけて一斉に電話しまくる。そうなるとどうなるか。さてどうなりますやら。

かくて未だに悪徳出会い系サイトは後を立たない。だが、崩壊はもうそこまで来ている。それは皮肉にも彼ら自信にアルのだ。

それまで、私がもつかどうか。私は持たないほうにかけるne.

だいたいねえ、通信というのは古代からの挑戦なんだ。いかに手早く、分かりやすく、簡単に、費用をできるだけかけずに、思いも寄らぬ場所でも、そんな知恵をしぼりにしぼりつつあるものなのだ。それにラップをかけるだけで儲けようとは、イルカにも劣る。猫の右手にもならぬ。

サイト系で働く女性諸君、今すぐに社命を放棄しなさい。それが。結局はあなたの家計のためであり、こどものためのよりよき社会形成のための、じつは、あなたの夢多き老後のためになるのだ。

いや、私がそうしてみせる!いきていればだが。なあ、重箱ちゃん、考えてみれば、そこをつつくようで御免ね。

だが、すっかりアルコールの切れた頭のさえまくった私が、このような世界の中でじっとしてるとでも、思うかい。

私はなぜか近づいてきた重箱ちゃんの正体を見抜いていたのだが、なぜか彼女は私に失礼を働いたからと、なんと500万円をくれるという。

彼女は相当の名家の出らしく総資産が、とてもじゃないが書ききれないのだった。だからぽんと500万円という言葉が出るのだろうが、私はその日が来るのがまちどおしい。

彼女は本日、現金化したといっていたから、そう遠い未来ではなさそうだ。そんな人を重箱ちゃんではまずいので、きちんと書こう。

重箱。即ち、十和子である。見かけたら、どんぶりでも出してみたらいかがかな。ちゃりーん。(合掌)

2006年6月21日 (水)

ミイラ取りがミダラになって

私は奇跡的に目が覚めた。不思議なことに、廊下の向かいの部屋にいるはずのインド人が、私の隣のベッドに寝ている。

なぜ?よく見ると、ベッドの数がやたら多い。気がつくと左腕には点滴があり、下半身にも何かとりつけてある。後で知ったがバルーンと、よばれるもので、尿道に取り付けてあり、私は自分の意志を必要とせずに、尿をタンクの中に流しこんでいるらしい。

よって、私は身動きできない状態にあった。

頭はまだ夢を見ており、私はやけにますかっとがたべたかったが、どこにもない。私は隣のインド人モドキのスリランカ人がたべたとおもいこみ、彼に、俺のマスカットを返せとモンクを漬けた。まだ酔っているのだ。

スリランカ人も分かった、返すという。私は点滴に含まれて入りらしい麻酔薬で再び眠った。

目覚めは対面の患者だった。彼は大声で叫びながら。壁ををけとばし、なぐり、恐ろしかった。

あるものは、部屋の中を行ったり来たり。右往左往。

そこで私の4日間の記憶が断片的によみがえった。

ここは精神病院だ。ベッドがここしか空いてなかったのだ。かくて私はキチガイとなった。

5日目。アルコールもすっかり切れた私は正常そのもの、腹が減ったので飯を要求。既に点滴で1人前の栄養はとっている。だが、飯を要求。私は都合2人前の食事をとっていたことになる。

もう、すっかり元気。キチガイの精神療法も何もない。ただ寝ていただけである。

(いかん。テーマが違う。間。もう少し精神病院で我慢していただこう)

2006年6月20日 (火)

イラ取りがミダラになりそう

大変だ、香織!

「出会い系サイトのいいとこ・悪いとこ・あほうなとこ」を柱に私は夜もねないで、昼すら寝ない。デハ、朝か?あさはかというもの、私自身いったいいつ寝てるか分からないのだ。

50日の退院後、私は仕事をしてはいけない、ひたすらリハビリに励めと鬼のような言葉を受けた。これでは、私に「生きる価値は無いから死になさい」そう言ってるのと一緒ではないか。

しかたがないので本を読んでいた。

あるとき読んだ本の中に「サーバを立ち上げる」という、今では当たり前の言葉になっているこの言葉は、日本語としては成り立たない!とのエッセイを読んだ。間を空けずもう一冊のエッセイにも同様なことが書いてあった。

自動詞と他動詞がどうしたというような、国文学専門みたいな方たちのお言葉である。

私には燃えるものがあった。「サーバーを立ち上げる」のがだめなら、なんとしても「サーバーに立ち上がってもらおう」じゃないか。

かくて、リハビリ中のはずの私は孤独な戦いを始め、そして、現在に至る。 

ところが調べていくと、私がすっかりアル中で宇宙を散歩している間に無料ホームぺージ、無料ブログとか、日本語にあるまじきことばが氾濫していたのだ。(前章おわり:cmいきまーす)

私は何を間違えられたのか、入院先は板橋の「飯沼病院」内科・精神科とある。聞いた話では600人ほどの患者がいるとのこと。そのうちのほとんどが、なんと精神病、早い話がキチガイである。

な、な、なにいい。確かに私はアル中であることは認めていた。しかし面と向かって胴うぅぅぅ、胴有り1本!

精神病院,それは無いだろう。

私は4日間意識不明だったという。酒ばかり飲んでたべない。手が震えだし、箸でご飯を口に運んだつもりが左隣の患者の口へと行く。ご馳走さマア、さすがはキチガイだ。

電車からホームへ渡るのが怖い。隙間に足を取られそうなのだ。緊張すればするほど足は震える。

銀行でお金を借りるために口座番号を書き込む。ここに、そこに書くのだ、そう考えると、数字は大きく飛び跳ねる。借りることができない。私は酒がまだ残っているであろう朝一を指定した。緊張なーし、震えなーし、鉄道マンさながら指呼確認である。

なにか予定のある2日前は酒を抜いた。あの苦しさは・・・・

私は完全なアル中だったのである。なおかつ貧血だったのだ。

(話はある中闘争になってしまったので、ここで、今夜は止めとこう)

お金が入るらしい

ほんとかなあ、ほんとにおかねがはいるのかなあ。

ほら、知ってる?

ゴミ捨て場で1700万以上が見つかったでしょ。あれ。

あれだよあれ。

2ヶ月ぐらい前にも遭った。

それが、銀行からただでくれるんだよ。知ってる?

その予告か、必ず表示されるの。ネットでne.お金がありすぎて困ってます。

内容によると・・・・・計算が合わないんだ。だから検査が入る前に処分したいんだな・・・・・・・・・わかる?

ま、いいか。誰も信じないもんな嗚呼・・それで募集に参加したんだが、そこまで行くお金がなくてさ、むこうさんは、ひとがそろいましたとよろこんでいたものさ・・・・

それで、怖くなったのか幾らかは捨てられた、あるいはさばききれなかった。

これ、うそ。ほんと?どっち?

2006年6月19日 (月)

できるかもお狂言誘拐のかおり

話はもう決まっている。事実なのだから簡単だ,

とは言い切れないか。

香織が仲間を使って(ないかも)狂言誘拐をした話である。香織は112929という数字の出会い系サイトの経営者を名乗るからには、本人も言うぐらいのお金持ち。引退すればよさそうなものだが、そこがサギの悲しさか。やめれない。かくして金目当ての誘拐も当たり前。

しかし、全ては香織112929の経営者が仕組んだ狂言誘拐である。犠牲者は私一人。ハイテクテロ対策総合センターでは、こんなちっぽけな話は税金の無駄遣い、まともに動く分けが無い。国防省のサーバにハッカーが入り込んだりしなければ動けまい。

香織達は先ず捕まらない。

そこで私は考えた。

遊ぼう。112929を使って遊ぼう。遊ぶのに数万円ならマア適当だ。ついでに37093や199199など、遊べる数字がたくさんあるのに気がついたのである。さらにrakuenとかのアルファベットも楽しめそうである。

ただ、私にうまくサイトができるかどうかである。この前は偶然うまくいった。私も驚くほどの機能がついた。今回は、はたして。

それが、記事から書いたら、骨組みはパターンを選べばいいはず。写真を飾りたいが、そこんとこがうまくいくかな。遊びだからなあ。あの写真があるよねえ、メンバーの。あれからさ、似顔絵を起こしていいかな?うんと美人にして絶対ばれないようにしてやるつもりだけど、腕が落ちたから責任はもてないけど。

香織も狂言誘拐して、実費4万円も使ってない、12時間をいくらにみるかだ。しかし。香織なぜ、そんなに儲けも無いことをやったのだろう。仲間の女の子は売春の可能性まである。

そしたら、単なる遊びではすまんぞ、香織。112929だってまだ実名じゃあないがすぐに分かる数字だ。rakuenなんかは海外からの問い合わせ?が400は軽く越えている。おそらく600以上。翻訳するのが・で・え・きるかああ。

これらを、数字別に小説にしようと遊んでいるのだ。そこまで、お金が持つかどうかは(食糧)、香織しだい。「敵に塩」の例えもあるぞ。

112929はもうじき誘拐のメールが入る場面だ。けっこう長くなるなあ、中編小説といったところかな。

ブログで遊び、出会えない系の仕組み探りで遊び、小説書いて遊ベると喜んでいたらこんなのが着信してきた。

━━━━━━━━━━
★夏目前熱烈応援★
 モーニングメール
   サービス
━━━━━━━━━━

112929.com(ご近所同士)をご利用いただきありがとうございます。
~~~~~~~~~~
本日午前10:00~12:00
②時間限定割引タイム
~~~~~~~~~~
通常メール送信が…

 【 激安 】
   30PT
6月もあと僅か。夏目前モーニングサービス再開です!!(夏目前は夏目雅子がよかったね)

だって。がんばるなあ。だったらなぜ俺に「狂言誘拐」を仕掛けた。

その後は、「狂言失踪事件」。やっぱり相手してやらないと、寂しいと見える。イタズラは見つからないと面白くないもんね。

でも、みつかったら、執行猶予はつくだろうけど、前科者だよ。

せっかく112929でとめてたのに、しっかりフルネームになってるし。

しょうがない、俺のも教えとこう「deSITE」だ。(仮称)http://sun.ap.teacup.com/abryu/ かな。英語のサギとサイトをかけてみました。

まだほねぐみだけ。10分もかけていないので、小説信にいたっては、インテラクティブだらけで進めなかった。助言をたのむよ。ほら、サギ師の深層心理、それも性別不明だからややこしい。ラブストーリー仕立てが、おかしな方へいきそうなんだよなあ。

そうそう、「S・F阿比留一族が往く」、プリントアウトしてよんでもらおうと思ったが、なんとインク代用紙代、交通費しめて6000円がない。失踪事件で3万円立て替えたからなあ。なんとかしてよ。【塩】

おっと、病院にいかねば。作戦Aの手始めだったにさ・・・ざんねんだったね。掲示板つくるから、書き込んでね。

じゃまた。メール頼むne.

 

2006年6月18日 (日)

どこで造ろうか、サイトの物語り

たいしたことではないが悩んでいる。

このレンタルサイトを使うべきか、「S・F阿比留一族が往く」のあのサイトを使うべきかである。手軽さから行けばこれがいい。だが、カテゴリーを考えるとむこうがいい。それに、どこかのプロバイダが今月中に提案をおってくる。そうなると、考えてしまう。

しかし個人的にメンテをするのは私の趣味ではないし、現在の私にそれが可能とも思えない。

やはり、「S・F阿比留一族が往く」を1話完結風に造るかなあ。現に「対馬偉人伝外伝」では、個人的に取り上げている。

カテゴリー別にサイト単位のわけてやるか?それとも。お店の手口別というてもある。

うーん、そうするかなあ。

でも、私はあのサイトをどうやって立ち上げたか全然おぼえていない。てきとうにやったらできてしまったのだ。まだまだ知らない機能があるのはもちろんだろう。

うん、ココログはこのままで、あれはなんというんだっけ?

teacup,comだったかなあ。あちらで考えてみよう。ココログには、そのうら話でも書いてみるか。

2006年6月17日 (土)

楽苑112929と37093たち

これは予告編です。

私が今年2月頃より毎晩2時間も寝ずに、ひたすら追いかけたサイトが複数件あります。

これらのデータはほとんど捨てました。なぜなら私が覚えてしまっているからです。

実際の日時とかはあるかと思いますが、高いお金を出してプリントしたのですが、その量が多すぎて使い物になりません。

それで、ドキュメンタリーはいろいろと個人情報がどうのとなったらかないませんので、「サイト112929と37093物語り」として、はちゃめちゃな出会えない系サイト物語りを書いてみようかと構想中です。

唯一つ忘れていました。rakuenです。タイトルは

「サイト112929と37093は楽園」にするかもしれません。

いや、【楽園112929と37093たち】がよさそうですね。

なお、「S・F阿比留一族が往く」みたいではなく、1話完結にし、しかも短時間でどこからでもよめるようなものにしたい、そうかんがえています。

また、読者の意見、あるいはそのままを作品として使わせてもらうかも。(せーぶ)

しかし、この物語は出会い系サイトをたたくものではありません。むしろ逆です。更なる進化を考える、そんなものにしたいと考えています。

なぜなら、10年後のあなた、あるいは30年後のお嬢さんに(私の場合そこまでこんじょうはなさそう)は必ず必要ななにかを持っていると思うからです。本来なら社会保険庁でもやればいいのですが。

別に私がやらなくても。あなたがやるというなら、協力を惜しむものではありません。 デハ、その日をお待ち下さい。

ご意見はコメントへ。あるいは、「AB流掲示板」へどうぞ。

そうだ、スポンサーが必要です。あなたの5、10年後のためにいかがですか。

後編:香織ィ、HIV検査を受けてきた

これは、後編である。何の後編かって、前編のに決まってる。あまり体重減に先生が驚いくのだ。もう原因は分からない。

しょうがない医者だなあと、私がエイズも調べますか?まさか本人からそんな言葉を聞くと覆わなかった先生は思わず私にほお擦りした。目からは大粒の涙が・・・

看護士もまたできた方で、クリニックでは検査できないと知るとその方法を手配したのである。そして私は素直にその思いやりに答えたのであった。

こうして、前編は過ぎ去っていった。

私が荻窪保険所につくと、まだ1時間あった。しかしだだっぴろい。

ここで綱引きの練習でもするのだろうか。詳しくは知らないが、荻窪の保険所関係は2系統に別れているらしく、その組織図は複雑怪奇だとか、おそらく怪しげなお金が魑魅魍魎、動き廻っているに違いないと想像する。

おっと、公費の無駄遣いを詮索している場合ではない。私がエイズに感染しているかどうかだった。

あんまり暑いのと、くつろげるスペースが豊富なので、シートの上で転寝。係員と思しき者たちが受付のあった部屋に急ぎ始めたので、もしやと、私も入って行った。

いたれりつくせり。飲み物とキャンディが用意されていた。Q352の番号を告げ、飲み物を取った。のみ暇も無く呼ばれたら、若い男の子に長い廊下を連れられて個室へ。

そこで何が行われたのか、初めはいいよ。スタートはne.。

A5版ていどのなかに、それはあった。私はどっちだ。

かれは。その封筒のほかにも色々と大人のおもちゃみたいなものを広げている。

なんだそれ。

それより、私はどっちだ。私には自信があった。私の過去にそのよいなことはない。私は持て仕儀るがゆえに、不特定多数の女性と関係をもつことができなかった不幸な男、と本人は言っている。まわりのやつらは、私は、その町の全ての女子大生の3割ぐらいは手を生けていると思っている。

どうかすると、クラス全員、ひとクラブ全員、とんでもない数の女子学生たちと遊んでいると思っている。たしかにあそんじゃいるが、英字になるような関係まではできない、女子大生同士の牽制がきびしいのだ。なかなか二人になるチャンスがなかった。

だから私はマイナスだ。しかし海外の1年間がまた人目を引く。

言葉ができんでしょう、言葉が。あははは、Hするのに言葉は邪魔のはず。しかも、私は生涯において、避妊道具を3回と使ったことがない。まずいかもお。

いかん、いかん。問題は私がプラスかマイナスかどっち?

封筒が開けられた。中味は証明書としてもって替えryことはできないしくみだという。

中味は1枚の封筒大の紙切れだった。

中央にこう書いてあった。

陰性(-)

短い言葉、たったこれだけだった。

だが、これjからがおもしろい、ほんとですかあ?先ほどの若い男が2頭のぬいぐるみと避妊セットを取り出し、恥得るんだなあ、彼はどうもこれが好きで、これがやりたくてボランティアを買って出ているのではあるまいか、私にはそう思えてならなかった。

【特別編】どうする。あなたが実際に経験してくる?そちらのほうがいいよね。とにかくおもしろい。もちろんこちらもその場にあわせて、意見質問ができる。

これだけは始めてみたので書いておこう。

「フェミドーム」。女性用。3個で2000円。ここまでにしときましょう。

                                完

香織ィ、HIV検査を受けてきた

H・I・V。エイズ検査である。私見たいなろくでなしは、HIV検査を受けないと女性から相手にされづらい。

どうも一目でそれとわかるらしい、あるいは疑いが濃くなるという。わ。私は無実だぁを100万べん言うより、1回の検査(以下、愛の検査)だ。

私は沐浴し、対馬の神々に祈りをたてた。

場所は杉並区荻窪保険所。午前11時なのに30分以上も前に着いたのはそれだけのやましさが私にはあるのか、いや、ない。

本当は予約は14日までだった。だが、昨日電話したら空いているというではないか、幸運なのか不幸なのか、それは私の日頃の行い次第。

荻窪の保険所は、いったいどこからあんなお金が出るのか調べずには措かないぞ!それほど立派。一流の病院を髣髴させる。

後で写真を考えよう。

問題は私がエイズか否かである。田舎ものの自信はあるのだが。さて。(おっと、セーブ.。一部終了)

受付は社交ダンスの受付みたいだったので、3Fから1Fまで戻り、休日受付に聞いてみたら、やはりそこであるらい。

私は「Q352」というIDで呼ばれることになり、血液を2本抜かれた。

結果は13:40。まだ2時間以上もある。おおお、点滴にいけるかも。

看護士は不思議な顔で尋ねた。

「検査はどうしたの、逃げて帰ってきたんでしょう」「意気地が無いのね」「やっぱり怖い?」「なんだ、阿比留君、期待してたのになあ」

な、なんというやつらだ。彼らは私のその昔の写真をたくさん見ている。遊びまくったに違いない、まして西ベルリン、当時エイズの巣窟である。そんなところに1年もいたのである。疑われて、当然といえば当然かも。

「ちゃんと受けてきたよ、結果の前に点滴でもしとこうという、この健気さがわからない?」

もともと、私が急激に痩せた原因が分からないのである。20キロ。腰が12センチ。どちらも抑えた数値である。本当はもっとだ。これをわずか2ヶ月間もかかっていない・・・・・なにか分けのわからぬ病気、先ず考えられるのがエイズである。

「ねえ、もうだいぶ、医学も進歩してね、エイズも死に至る病というわけではないんだよ。糖尿病より軽いかもしれないんだから」

おいおい、先生、私はもうエイズ決定なの?

私は点滴を受けながらいつしか眠っていた。天使の寝顔であったという。

「その昔、エイズ検査の結果で飛び降り自殺したの、覚えてますか?本人が、誤解したの」

「誤解?」

「ええ、結果がマイナスだから、エイズなんだって」

「ちがうわよ、マイナスは陰性。大丈夫ってこと。ほら、abiruさんの白血病は、骨髄球プラスだったでしょ、だからあぶなかったの。マイナスはセーフよ」

「マイナスがいいの?あああ、自殺したのはマイナスだと聞いたよ。セーフという風に変えれないんかなあ。まーじゃんはさ、プラスがいいんだよね」

「ばか!いい、マイナスは陰性、エイズじゃないからね」

看護士はくどいくらいに念を押した。まるで私はプラスみたい。

「じゃあ、月曜日、待ってるわよ」

「ははは」

私はこの蒸し暑い中を再び、荻窪へとMTBをむけた。

              (はたして、私はプラスかマイナスか)

並べただけなのに、多すぎたんだな

①きのうは朝から刑事がやってき、わずか17000円のために、3人、その二日前に調査に一人、計4人か。日銀のやつは金利で年数百万円のるえきがあった、少なくい年で数十万円。あんたはねえ、胴元なんだよ。公務員しながら。先の刑事と経済観が。

②私の部屋の穴ぼこは、けとばされていた。恐ろしいのでちかづくっまい。

③打ち合わせをとばしてしまった。

④点滴を打った

⑤ハカセがこれを喰えとヒジキをもってきてくれた。私のお土産だったので、うれしいことに対馬特産の長ヒジキ。油揚げ、豆腐他を勝手ら、残り230円。なんかすごく嬉しくなった。

⑥電話でデジタルカメラがあたる権利があたった。カラープリンタもあたっています。え、おもちですか?

それなら現金3000円がいいですかね。ほう、それは?気、いや、これは確実にお送りします。わお。25日頃におくってくるらしい。

⑦HIV検査が保険所であるというので、心当たりがあるならばうけなさい。既に予約期日は過ぎていたがねじこんでもらった。何しろ私は流行始めた頃、アパート1部屋ごとにパンフレットを配るという、世界でも指折りのエイズの街西ベルリンに住んでいたのだから。

⑧ひどく眠い。

昨日の前半を書き出してみた。風呂に煮お湯がたまるまでである。

⑨kが帰っていた。「昼はカツどんか」「いやあ、パンだった」パンはただなのだそうだ。ここには経済がない。

⑩各サイトから未集金の回収が、じゃんじゃんメールしてくる。がんばれえ。彼らは警察みたいなことはしないだろう。そのうち回収業者に廻し、当方は責任を持ちませんから。という風に聞こえるメッセージが流れる。私は抗議した事がある。そんなの知らない。でもコンピュータには記録がある。そういうが知らないものは知らない。そのうち上司が出てきた。私頭愛よと言い張っていると、なんと言ったか、私は耳を受話器を疑った。

「すみません。間違えてました」

⑪カレーに豆腐を放り込んで、食べてみる。明日は血液を抜くのでごはんを食べて来いとのことである。朝ごはんの12時間も前に食べてしまった。あと230円。じっと見る。

⑫サッカーをみながら寝てしまった

⑬シンドラー社か、プログラムミス?修正ミス。違うと思うなあ。チップの交換ミス、配線ミス、ヒューズ、パットなどのハードミスだろうがハードエラーと言ってしまえばシンドラーは。

⑭あれ、何か足りない気がする。そうか112929を警察33140110のと変えてしまったか。さびしいなあ。

なんか返信ばかりだと悪いので、ここに私の想像日記を掲載しよう。たのしみにね。

ハイテクテロ対策室みたいなのには112929は小物だって。総理が捕らわれる、学校がおそわれる、はたまた阿比留でも死なないと事件として扱えないようだ。よかったね。香織。

さて、HIV、今日やって、今日わかる、無料。ただしこの3ヶ月間の分はわかりませんからね、

あくまでも3ヶ月前までですよ、電話の向こうの眼鏡がきらりと光った。

2006年6月16日 (金)

さらば壁の穴

最近トラックバックが多い。その成果、コンナ村の話に3000あくせすも近い。

どうせなら、有閑マダムのコメントでも欲しいものである。

さて、そのトラックバックで、「ドアの穴」についてもいくつかあった。

朝6時に3人も刑事がやってきたのである。さすがにオオ奥とはいえ、玄関が騒がしいのである。大家もおきていて、密かにことの成り行き見守っていたらしい。

刑事によると、ここにKが住んでいないか?いや、いるはずだ。

私は2Fに目をやった。

「呼んで来ますか」

ああああ、今週は多いなああ、来月もおおそうなののに。

マア。訓練と思うとするか?

私は長いそして広い階段を貧血の体で・・・。さいわいkは仕事にいくために起きていた。

「きてるぞ」

「そうか」

悪かったなあ、私にお金がはいるはずだったのになあ、そしたらおまえの分、俺が立て替えることができたのに、あーあ。なんのことはない、駐車違反の罰金である。17000円。面倒なのでほっとくうちにあいつ、悪い女に・・。。・・。。。・・・になってしまった。

私のほうは489円しか持ってない。これもまたすごいぜ。これで悠々と生きている。まあなあ、あと1週間はいきていけるかもなあ。

そんなことよりkである。仕事は順調で、今日も誰かを途中で拾うはずであった。

「なにいってんだ、サッとやれば夕方には帰れる。普通は泊まりだぞ!」

ほー。宿はあるんだな。なにしろ明日はわが身。

こうしてkは連行されていってしまった。

あーあ。タイミングが悪いなあ。つい先週は俺がたくさん持っていたのに。489円じゃなあ。

みんなが去った後大家である通称「ハカセ」がやってきた。ハカセを冷たいやつだと思ってはいけない。kの借金の肩代わりまでしてるのだ。本当の他人なのに。

さて、この騒ぎの中、ほぼ真上に住むハカセの姪っ子は起きてこない。たいしたもんだ。

この姪っ子のおかげで、このページが始まるのである。

私の部屋のドアの「穴」

私が部屋に戻り、遣り掛けを終わらせ、ちょっと眠るために、入民剤を2倍飲んだ後、ハカセがやってきた。

「今日、1時間後かな、ドアをとりかえにくるから、そのつもりで」

えええええ、今日はえっと、何曜日。まずいよハカセ。今日は打ち合わせの日なの!とはいえないなあ。こまった。1時間後にきて、いったいいつ終わるの。

あーあ。

私はふてくされて、眠りについた。

ボーとする中、工事は続く。写真でもとっとくか。

「ねえ、この穴さあ、どうやったらできると思う」

私は、掃除中としか聞いていない。それにしても、何をぶつけたのか不思議だったのだ。

工事の彼は首を振って答えた。

「蹴飛ばしてます」

私は目をぱちくり。

「それ以外は・・(道具を使ってもむりでは・・)」

ふーん。近寄らない方がよさそうだ。

もう、打ち合わせには間に合わない。そのための489円だったのに。もう、増えない。

あーあ。まいったなあ。私は工事後の若干のごみをみつめ、m@だ張本人は起きてこないのか。それがしあわせだが・・・

私は決意した。点滴いこ。そしてゆっくりねよう、さらに、明日のHIV検査、まだ空いているというので、ねじ込んでもらった。そのくらいの張り合いが無いと私、糸のきれた凧どころか、しっかり糸の絡まってしまった蛸になりそう。

さて、その蛸だが・・・ネよ・

警察です、逮捕令状です。開けてください

私はしぶしぶ、17段の階段を転げ落ちないように、そろり、そろり、しかも、表にいる人間には気づくように、寝ている人間は起きないように、用心深く降りていった。

だいたい、6時前、尋常ではない。サラ金でないのは分かっているのだから・・何か事件。k、警察かあああ。

「まさか・・・私には思い当たる節があった」

昨夜、前の通りでビッキーを刎ねたかも。

「例の誘拐事件のことかなあ・・・」

昨日テロ対策相談総合センターに話したばかりである。

それとも、失踪詐欺事件?だったらどっちも私は被害者である。 

「どちらさまでしょうか?」

表には2,3人いそうな雰囲気。

「警察です。開けてください」

「ty、ちょっと」

あたまのなかでぐるぐるまわる。それは元論心当たりがいくつかある事を物語る。この年で何もないほうが珍しいような気がする。

私がドアを開けると、それぞれ12,13歳おきに3人、この土砂ぶりの中を歩いてきたようである。もっとも青梅街道から2分も無い。

「改札ですがぁ切符をはいけん」

ばかやろうう。

「警察です」

そういうと定年間直であろう55歳ぐらいの半そでの、目のぎょろりとして、それでいて優しそうな目のオトコは手帳を見せた。

外は雨である。私は3人とも中に入れた。かわいそうに、コンナ雨の中、しかもこの時間である。

私が悪うございました。私はその場で泣き崩れそうになった。

「逮捕礼状が出ましたもんでね」(礼?礼ですね、私がにこりとすりと、ギロリ)

後ろのNO2ラスが広げて見セル。

私が悪うございました。私が悪うございました。またも、私はその場で泣き崩れそうになった。

私はその場でぽんぽこおどりをしたかった。私の村に伝わる風習である。

もうだめだ。 私は眠くなった・・・ので、一眠り.a。ぽんぽこぽん、ぽんぽこぽん。(この項おきてからまだ続く)

実は、たくさんあるのだ。書く気も起こらないぐらい。眠い。警察の皆さん、ご苦労さん、僕寝る。

ジャアこの次は「逮捕令状:特別編」で、おやすいーー。イイノカナ

2006年6月15日 (木)

ハイテク犯罪対策総合センター

さあ、これで出会い系サイトも終りの死体?んいい。死体が出たら事件だ。かきなおし。

さあ、これで出会い系サイトも終りになりそう。いやはや疲れました。

私は亀有へ電話。つながらない。

しかたがないので予定通り警視庁へ。こちらは直通さんを探してくれる。

運がいいことに、TV「相棒」に出てくるかんしきさんとおなじこえにきこえる。

さて、ここまで書いておきながら、といってもまだ、落語の羽織を取るもなにも、サブトンに座って、客の数を数えたばかりで、終わってしまている。

こころあるkたなら、もしかすると私の身に一大事でも起きたのかとしんぱいされるはずである。

なに?

どうせ、酒でも飲んでひっくり返ったのだろう・・・く。くやしいいいい。

やっぱりわかるのかなあ。

ほら、テロ対策と銘打ってあるものだから、うかつなことはかけない。

ここに書く反対のことをやれば、テロは助かることにもなりかねない。

そこで、どう書こうかなあと考えていたのである。

でも中味はぜんぜんたいしたことは無い。こう書いておかねばテロリストが安心して眠れないかもしれないではないか。

なんと言う、「オカミニモジヒハアルゾ」的発想である。

しかし、ここに書くようなことは無い。せっかく、ケア午前3時になぜか30もアクセスがあったのにもうしわけない。ただ、この数字は、最近多い海外からのトラックバックくかもしれない。

そう考えていたら、午前6時前である、チャイムが鳴る。

おいおい、サラ金でもやらないぞ、嫌できないはずだ。

私は知らんフリをしようと思った。

そう考えていたら、午前6時前である、チャイムが鳴る。

おいおい、サラ金でもやらないぞ!

まずいなあ。博士が起きてくる。

そう考えていたら、午前6時前である、チャイムが鳴る。

私は、観念した。なんだ、16日だ。16日の分にしよう・・・。

おやすみ。

【事の顛末】

私が香織の連絡を受け(どうせ、うちからのイタズラだろうと思いつつ)大急ぎで、MTBの前加護にほんとうはE・Tを入れるべきなのだが、QQショップで買ったらしい懐中電灯を放り込み、メール指定の(以下M指定)の役所まで。私が下界と呼んでいるその辺りは人影もまばら。

役所前には車がいない。

「そこを動くな」

確かに私はそういい残したはずである。私は役所の端で急ターン、90度むこうの駅前通を見てみるか、そうおもったわけである。 

すると、誰か呼び止める若い男風の声がする。

ずいぶん昔もこんなことが有った。確かあの時は深夜にもかかわらず「こんにちわー」「こんにちわー」だった気がする、

なんだ、右後ろを見るとやはり・・・・

「どうしました?」

「は?」聞きたいのは私のほうである。

「いいや、人を探しているのでいそいでるんですが」

「ちょっとお話が」

「じゃあ、ちょうどいい、僕と一緒ににきてください。そこ曲がったらいるかもしれないので」

「ここでききたい」

「何馬鹿なことを言ってるの、そこにいるかもしれないのに、いなくなったらどうするの」

「嫌ね、君が私を見て急ターンするものだから・・怪しいだろ」

「バカな、道はそこで終わってるからじゃないか」私は役所の端まで見終わったから、大急ぎで探す場所を変えたつもりであったと説明した。

だが、この。うりざね顔の漫画にしやすそうな警官は利く耳を持たない。

「じゃあ、一緒にあっちを探しながら・・」

むだである。間にしろみみがないのである、おいたわしや。

「んあんか、わしにようか」元タワシ屋のホームレスがひまつぶしにでてくる。ば、ばかな。

「だれをさがしているって?」

「誰でもいいだろう」

メモを取る姿勢を崩さない。ふん、のうなしめ。

私は大きくためいきをつきながら「女性ですよ、この辺は初めてだから」

「何をしている」

「なんだとお、何をしよ・・・(言いかけて、まさか出会い系の経営者だとは言えず)舞台のダンサーですよ、役者。今練習が終わったから、めしでもと、」

「きみは?」

私?まさか。警察手帳はもってない。それどことかなにももってない。

「ぶんせきやです」

「?」

「ほら、業務分析とかシステム分析」

「あああ。コンピューター」

ヘエ、コンピュータは、まだちからがあるんだな。めもしとこう。

「その自転車はきみのかね」

「ええ」

「他の警官はなにもいわない?」

どうやらかごに入れた電灯にもんくをいいたいらしい。

「なんを?」

「ちょっと確認していいかな?」

「だから、あちらに歩きながらやりましょうよ、うりざねよお」

「名前は、住所は、生年月日は」

おい、おい。通信まで始めたよ。

「あんた、いいかい、これでいなくなったらどうしてくれるんだよ」

私があいてが「かおり」出なければ、コンナうりざねむちゃくちゃ言ってやるところだが。遊び相手にしてやろうか。私じゃしっかりやいのかおをんらみつけた。そして、目をつぶっても描けるようの覚え、なおかつ。名前をきいた。さぞかし怖かったに違いない。

とりしらべているのは私のはずだ、うりざねはあとずさりしながらこたえた。

「にし」

「にしィ、うぇすとか?うぇすとか?ときいている」

「嗚呼、その西だ」

「ふん、隣の島にたくさんいたよ、嫌なやつばかりだ、西は」

うりざねはさいごのちからをふりしぼり。

「防犯登録のしーるは」

「し-るか」

うりざねは自分でシールを探し、本部に確認。

「ご協力ありがとうございました」

私は無理だろうが、はやくえらくなれよ。そう願いながら、知り合いの西を思っていた。西は無事かなあ。マア、今日の西はこれで、次回必ず言うことを聞く。よしよし。

私は警察にすごく協力的である。彼らは大変役に立つ。これも日頃のおこないである。

以上、特別編はお役に・・・・。

(実は、今日はこんなことをかくばあいではないのだが)

2006年6月14日 (水)

女だったであろう香織への遺書

俺はね、メールが着たから、

「そこを動くな」(これもメールなんだよね)

そういって役所まで行ったんだ。そしたら車なんてどこにもない。また病気か、あいつは俺をだますのに喜びを感じるサドである。そう思って引き返したよ。

そしたらどうなったと思う。

俺はおまわりさんに捕まった。1時間だよ。夜中に1時間。しかも俺は人探しで急いでる。

香織のお遊びに付き合ってさ。何でコンナ目に。(俺の目は澄んでいるし、悪魔もまた住んでいる)

【事の顛末】(物語とはほとんど無関係なので別編でお楽しみ下さい)

な、わかったかい。

以下は香織のサギ会社から、私がお金を合法的に分捕るという、だいたんな話である。一般人がたった一人で、サギ集団からお金を、し、支払ってもらおうというものに今朝、いや、たった今そうなった。

今朝何が起きたか。あの衝撃のオーストラリア敗戦。あれより大変なことが現在の私の身の上にある。

香織からのメールである。

あんまり読ませると、みんなが妙な期待に身を焦がすので、ここは要約する。

【要約】

ね、わかった。

逢う気なんかないんだろ?逢うと困るんだろ?逢いたい逢いたいとはいいながらだ、でもどっちみち逢う気がないんだもん。この清純無垢な私、ア、嗚呼・・私をいったいどうする気イ?

現在、会おうと努力しても、「携帯電話が無い状態ではほとんど会えてない」先ず無理だ。

そんな社会になってしまってんだよ。そこを利用して儲けようと考え出されたのが今のシステム、多くの出会い系のシステムだ。違うかい?

俺は嬉しいよ、大好きな香織が、それで儲けられるんだから、なにかあったら、たまには下界にMYBで走り降りるのもいい運動になるし、うまい具合にタクシーに跳ね飛ばされることができるかもしれない。そしたら借金はパーになるかも。しかし、ミイラとりがミダラだね。敵にに恋してしまうなんてさ。

で、次はどんな作戦で?俺をハメようとするんだい?俺をハメルのはいいけど、いつも赤字じゃないか。

この赤字でも作戦を決行する場合いくつかの理由が考えられる。

①どんなことをしても憎たらしいあの野郎(俺)をいたMWつけてやる。一族の全財産を失ったとしても。オイオイ俺、そんなに悪いことをおまえにしたかい?

②ほんとうにすきなのでたとえ一族の全財産を失ったとしても自分のものにする、自分のことを気にしてもらい好きになってもらう。ええ、そんなに俺っていい男ぉ。漢冥利につきるぜ!

③、こんなもん、もうどうでもいい②だ、②にしとこう。

かくて俺は危険な賭けに出る。もともと香織のことは好きなのだから掛けに失敗しても、今の俺に失うものはなにも・・・・ない。

だが、①のけーすもある。そのときにはさ、きびんもいいいだろうからさ、たのみがある。そんなにないよ、でも借金は借金だ。頼むからそのときがひたら、そのなんだ、その借金、おれのかわりにしはたってくれ。あー、これで好きな香織に望みどおり殺されても本望だ。

                 (これを俺の遺書とする)

果たして香織は女だったのか

結局、私は香織とあうことができなかった。

香織は携帯電話を使うことが無かった。不思議である例えば「区役所の前でまっている」「あそこと、どちらにする?」そんなことすらメールなのだ。

なぜ?1問1答でもメールなのだ。

何よりも不思議に思ったのは、私に会いたがる女性のほとんどが、私の服の好みを聞く。

ドレス?パンツ?何色が好きですか?初めてのデートですから、よく思われたい、そういじらしく話すものだ。中には「下着の色はどうしましょう?」

だが、香織にはそんな一面はどこにも無かった。離婚歴があるからかなと思ってはいたが、それにしても異常である。

とにかく、待ってる場所を携帯電話で告げない!現代においてそのようなことをするのは妖怪電話嫌いぐらいなものだ。

私は、もし香織が女だったら、私の前に出て来て、ビンタでもすれば、と別れの言葉を書いた。

まだ、立て替えている多くのお金をもらう前なのに。私が会社を経営すると倒産するはずである。

この先にはおまわりさんとの争いが待っているが、今日は疲れた。

2006年6月13日 (火)

え、なんだって?日本がどうした

いつの間にかテレビはアメリカが闘っていた。なにをやってるんだろうなあ。アメリカとチェコ?かなあ、なんか大勢走ってる。変なゲームだなあ。

私はすっかり寝ぼけている。

アメリカ、チェコかどうかも定かでない。ハンドボールかなあと思った。少し変だなあ。マラソンのスタートにも見えた。

時折、日本が、あんなことに・・・変なコメントが入る。

あ。

私はサッカーを観ていたのではなかったか。

サッカーは、サッカーは・・・私には何がなんだか分からなかった。

パソコンの画面では、激しく怒っている。

私が返事をしないからだと書いてあった。電話してくれれば・・・

えええ、うそおお、1-3.なんだそれ。

全ては終わって・・・、私は枕もとのコーヒーにと手ぉやった。

なぜ眠った・・・私はきしりも何も使わなかったし、この試合に期待していた・・・・女性も怒っているようだった。

私はまだ寝ぼけながらも、自分が何をしたのか、だんだん分かってきたが、もう勝つしかない。

まだ恵まれていたのか、それとも・・失ったものが大きすぎたのか

2006年6月12日 (月)

取り合えず、にほんかってる

俊介のポーンが、キーパーの左をぽーんだ。あああ、はいちゃ

った。簡単なもんよ。デモ。あいつ、旧エるとかいったなあ、あいつ、てきながらやるぜ。あ、はじまった。みよ。

朝方の地震・震度ラー

なぜかしら私は朝方の地震によく目が覚める。遠くは関西大震災である。あの時私は埼玉県、当時与野市にいた。

嫁さんをリリースしたばかりの私は女でも連れ込めればその力を世間に訴えることができたであろうに、一人2Fで毛布に包まっていた。

激しい揺れだったのは完成してまだ6年もたっていないメゾネット方式の建築放置は無関係であった。

ニュースからの火事のようすは一人暮らしには応える。

そして今日である。かわいそうに私は話題のエレベータの中にいたら死んでいたろう。もしも話題のエスカレータに乗っていたら・・そう思うとぞっとする。もし私の住むこの家が、話題の姉歯氏設計のものだったら、その事実だけでショック死。

さらに建設会社の株主の中に、うそでもムラカミの名があれば、くやしさのあまり目から、鼻から、体中の穴という穴から血を噴出し出欠田慮デシンで板に違いない。

どうして、本当にこの時間帯の地震にはなはだ反応する。眠りが浅井にか、それとも、そのようなのろいを受けて生まれたのか、今日はサッカーの大事な日。もっと心安らかに迎えたかった。震源は大分県中部らしいが、さすがは大分県。棚からモノが落ちてきて。。・・県。サッカーの選手関係の中に大分に関連する人がいないことをいのル。

また、例のエレベータの中に閉じ込められた人がいなかったみたいなのが、シンドラーから見れば幸いであった。

しかしこれから震度5付近の強さを表す単位として、震度ラーが採用されることを強く望むのは綿井一人出会うならば、私は日本人の危機感に強くラーをおぼえるのだった。

私は今貴方に一直線なんです

私は今貴方に一直線なんです。
この出会い絶対に成功したいんです。貴方が求めるものなら応える気も満々です。会って抱いてもらえますか?貴方の温もり感じたいんです。仕事ばかりで息抜きを求めたっていいですよね?貴方に会いたいの。

貴方が呼んでくれるならいつでも現金持って
貴方の元へ向います!準備は万端ですので。今日仕事休みでまだ全然眠くもないのですが会えませんか?自分勝手を許してください。会いたい気持ち。こらえきれないんです。それでも明日の振り込みしか…?

心の傷をお金で癒す、心配ご無用
貴方は将来に渡って永久的に安心してください、私が全生活を面倒みます、その変わり私に逢ってくれますか?真剣なのでお金を用意したんですよ、信じてくれますか?

現金を確保しています、貴方のお金じゃあないですか?
このお金は貴方のものなのですよ、会う気あるんですよね?あれ以来連絡が途切れているのは、どうしてですか?真剣に逢いたいという私の気持ちをまさか・・・弄んだわけじゃあないですよね?
この出会い絶対に成功したいんです。貴方が求めるものなら応える気も満々です。会って抱いてもらえますか?貴方の温もり感じたいんです。仕事ばかりで息抜きを求めたっていいですよね?貴方に会いたいの。

私は今貴方に一直線なんです。

貴方が呼んでくれるならいつでも現金持って
貴方の元へ向います!準備は万端ですので。今日仕事休みでまだ全然眠くもないのですが会えませんか?自分勝手を許してください。会いたい気持ち。こらえきれないんです。それでも明日の振り込みしか…?

心の傷をお金で癒す、心配ご無用
貴方は将来に渡って永久的に安心してください、私が全生活を面倒みます、その変わり私に逢ってくれますか?真剣なのでお金を用意したんですよ、信じてくれますか?

お金があって困ることないですよね?
お金はいくら有っても不安になることはないですよね?だからこそ今のうちに受け取って欲しいんですよ、あなたにとって悪い話じゃあないと思うんですよ、私のお金を自由に使ってくれますか?

2006年6月11日 (日)

たった1本の電話がなぜ遠い

彼女はどうやら私を疑っているらしい。それは愛の裏返しと理解しておくことにする。なかなか口にできない言葉である。だからこうしてブログに書く。

しかし、いくらなんでもやりすぎではないですか?

年下の女の子を使うことはないでしょう。

しかも、すくなくともここに掲載できるような表現ではない。あまりにも使わない言葉である。もし、その子が命令されてやらされているとしたら。

そこまでひどい事をさせていたとしたら、そこまで疑われるようなことをしていると思われている私の責任だ。

残念なことに彼女の会社は私が思うに通信費で経営を立てている。

しかし、現在の私には通常の通信費しか払える力がない。でも彼女は連絡をよこせと催促する。催促されなかったら私はおしまいだから、それはいいことなのだ。

しかたがないので、通常の通信で私は行う。

するとどうなるか?

こんなことが発覚すれば、それに気づいた担当者は、彼女にかなりの強い意見を言える力を得る事だって可能だろう。

だから最初私は通信費が現金で払えるまで我慢した。その間の私への社員たちの批判を読むたびに、私は悔し涙に濡れた。

だが状況が違ってきた。私は彼女の会社からアンケートを受けたことがあり、それは2時間にも及んだ。その時使わされたのが彼女の会社の通信ソフトである。

まさか。

私は目を疑わざるをえなかった。アンケートである。私のためではない、若干あったかもしれないが、向こうが用意したもので、私には知らない話、例えば○×さんをどう思うか?

誰ですか、その方は?どうやらそこの社員らしかった。はっきりとは未だに分からない。さらに、その方を私に・・・ここに掲載できるようなことではないし、それは私に犯罪者になれ、そう強要している。

このような質問が半分ほど含まれていたのである。そのアンケートを応える為に用意されたのが前述した彼女の会社の、アンケートを要求してきた会社の通信ソフトであった。

その費用を彼らは要求してきたのである。私はびっくりした。いや、私だけではなかろう、私はその会社から仕事を請けているわけでもなんでもないのだ。

こうして先払いしていた私の3万ほどの通信費、まともなら100円もとれはしない。これがそっくりとひきおとされていた。当然抗議したが部署が違うの1点張りだ。

失礼ではないか。

この件もあったので、今日はお金もないこと、彼女が連絡を催促すること、私にも必要な連絡事項であること。以上から一般通信を使ったのである。だがその通信内容は彼女まで届いて無い様だった。

それで冒頭の彼女の疑いになるのだ。ふーう。参ったね。

これもたった1本の電話さえかけてくれればすむことなのだ。なのに彼女はその道を選ばない。なぜだ?

かわいい部下にあんな・・・・私には分からなくなった。

さて、これからどうなるのあろう。困ったことに、わたしもまたかのじょのことがかわいいのだ。倒錯している。

サッカーを見る余裕もない

「役所前で待つ」

わずか、この言葉でサッカー2試合、ぜんぜんみることができなかった。当然、連載中の、うーん、あの登場人物なら私はぼこぼこにされるに決まってる、彼が暴れまくるシーンが書けるわけもなかった。

昨日も途中で終わってるし、ぼこぼこのかまぼこは間違いない。最も昨日のは前半だといいいはればそれはそれですむが・・・きょうはなしかよ。

すでにきのうだけど。

たった、あの冒頭の言葉でなあ・・・私は何をしていたのだろう。

私たちはわざわざなぜ、携帯電話などを持ち歩いているのだろう。

なんか、むなしい。御免・・・・・ふがいないばかりに期待に応えられずに。

試合はどうなったたって、イングランドが勝って、オオ。トリニひきわけか。がんばったなあ。あのすぇー伝が、ン。ノルウェーだったか?

私は疲れた。

あれだけのことBで殺されるとはなあ・・・みこうだっておもはなかっただろうな。

2006年6月10日 (土)

出会い系サイト3

香織様、経営者の香織様。困ったことが起こりました。今から書きますね。

先週のあなたの狂言誘拐事件の経費です。通信費、全部あなたの会社を通しましたよね、私の電話で。私はいやだと拒否しましたら、あなたが全部払うからとおっしゃいましたもので、私はしぶしぶ、電話でやれば安い、早い、気配がわかるのに、あなたの会社のソフトで50倍にも高くなった通信をさせられたわけです。すると、どうです。

ゆうべですよ。

こちらは『112929』管理センターです・・・から始まり・・結局25470円が未納です。

ということなのです。おもしろいですね。あなたは、勝手に阿佐ヶ谷に来るといいながら、それも5時間もかけてです。もう着きますよといったかと思うと、

「誘拐されました。助けて」です。

それが25470円の売り上げですか?誘拐目的はなんだったか、面白いことに、私は、犯人の顔を携帯電話の写真ですが覚えていました。その子が言うには、お小遣いをパパにも羅他ので、渋谷で遊ぼう。というものです。

あなたはいったい、いくら使い、いくら時間を掛けわたしとあそびたかったの?

なんかかわいそう。でも、お金は別です。だってセンターの子は社長を知りません、私が嘘をついているとおもいこんでます。だから、ここは社長が支払って私の言うことは嘘じゃないとしょうめいしていただきたいのです。

この話を警察の受付で話しました。やはり信じてもらえません。

私が彼でもそうでしょう。係りは警視庁のハイテク・・・を紹介しました。

よく考えてくださいよ。いくら私のことを愛してるからといってもこれじゃ、昔私が大学時代にやられたいくつかのことに、まるで・・・。

あなたは白いマークXに乗るお金持ちなんですよ。白いマークX。

私は広告してあげてるんですけどね。白いマークX。

もう、勘弁してくださいよ。料金の方はお任せしますからね。

しかし、狂言誘拐、信じてもらえそうにないよ、これじゃあ。ハイテクさん、かわいそう。せめて白いマークXがしゃべってくれたらなあ。

私は、ぼちぼちこの暗いけど笑えるサイトの話から別のにいきたいんです。読んでる方々、どう思います。コメントしてください。かいがいかららしいとらっくばっくばかり。彼らは私のこの文がわかるのでしょうか?

2006年6月 9日 (金)

出会い系サイト2

差出人:
なんでもするんだよね<yfb08973@nifty.com>
題名:
Re: 私に出来ることは全てするつもりです。
送信日時:
Fri 06/09/2006 21:07:02 JST
宛先:
pure@112929.com
では、まずかいてもらおう。「偽装誘拐事件について」ひづけ。首謀者。共犯者全員。
本名、性別、年齢,生年月日、住所、電話番号。それをノートを買ってきて書いてくれ
。もう一つ。これは絶対に現在地だ。別に探しはしない。じかんをはかるためだ。いい
ね。
それに100万円を迷惑両ならびにBUBKA代金としてと。それを、おれのなまえをかいて、
交番に届けなさい。できますか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
全部とは言いません。かけるはんいでけっこうです。では、はじめてください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私に出来ることは全てするつもりです。
全てを捧げますから…だからあなたも出来ることは全てしてくれませんか?tiyoさんの
気持ちを確認したいです。tiyoさんの気持ち教えてくれますか? 
----- Original Message -----
>Date: Fri, 9 Jun 2006 20:27:11 +0900 (JST)
>To: yfb08973@nifty.com
>Subject: 私に出来ることは全てするつもりです。 
>From: pure@112929.com
>
>
>┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
>
>【香織(経営者)】[写真付き]さんから【tiyo】さんへ
>
> メッセージが届いています。
>
>┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
>
>★件名★
>
>『私に出来ることは全てするつもりです。』
>
>★メッセージ★
>
>・メッセージ確認(※無料)
>
>・プロフィール[写真付き]
>
>↓↓確認・返信↓↓
>
>http://pc.112929.com/auto_auth.php?pp=MGE0Y2Q1ZmM3ZWViNjVWwNNQJhUTIAYlcwUTANZ
AdqXDpRNA89UG8ONQdmBWZVMwpvVjIAPwcwB2YGY1U8VTgBYwY3
>
>┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
>
>最┃新┃情┃報┃↓┃↓┃=======================================
>━┛━┛━┛━┛━┛━┛

【香織(経営者)】の太っ腹ぶり

以下は私に112929.comから送られて来たモノである。しかも契約場所は交番「成宗」である。阿佐谷南3丁目、うちのすぐ近くだ。Sン門番でいい。住民票も何も要らない。何せ立会人が警察官だもんだもんなあ。 

----- Original Message -----
>Date: Fri, 9 Jun 2006 14:06:28 +0900 (JST)
>To: yfb08973@nifty.com
>Subject: 遠慮しているのですか?希望額を用意する事は私の為なので遠慮は
>From: pure@112929.com

そこで私は希望額を提示した。だが、まだのようである。

あれ、希望額1200万円は用意してないの、はやくしてください。

下記にかいてありますよね。私は遠慮なんかしません。いいじゃないですか、あずかる
だけですから。但し、返却方法は別に用意させていただきます。
あなた、【香織(経営者)】様のぉしゃるとおりにしたまでですよ。
----- Original Message -----
>Date: Fri, 9 Jun 2006 14:06:28 +0900 (JST)
>To: yfb08973@nifty.com
>Subject: 遠慮しているのですか?希望額を用意する事は私の為なので遠慮は
>From: pure@112929.com
>もちろん遠慮しませんよ。あずかるだけですから。しかも交番の中であずかりますか
らうそはできません。但し、返却方法は別紙です。遠慮のない返却方法を選ばせていた
だきます。だって、ふとっぱら、【香織(経営者)】様でしものねえ。

本日20時の約束ですよ。大急ぎで集めてください。がんばってくださいね。なあに、
、【香織(経営者)】様のことですもの。、【香織(経営者)】様にできないはずがない。
がんばってくださいよ。ぼくの希望額を用意することは、【香織(経営者)】様の為。
そうかいてますよね。やくそくをやぶるなんてこと、それは、【香織(経営者)】様の
はじですよ。恥も恥じ、大恥です。、【香織(経営者)】様がんばって。

>


----- Original Message -----
>Date: Fri, 9 Jun 2006 14:06:28 +0900 (JST)
>To: yfb08973@nifty.com
>Subject: 遠慮しているのですか?希望額を用意する事は私の為なので遠慮は
>From: pure@112929.com
>
>
>┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
>
>【香織(経営者)】[写真付き]さんから【tiyo】さんへ
>
> メッセージが届いています。
>
>┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
>
>★件名★
>
>『遠慮しているのですか?希望額を用意する事は私の為なので遠慮は』
>
>★メッセージ★
>
>・メッセージ確認(※無料)
>
いやあ、出会い系サイトの経営者はやることが違う。

その預かった1200万円の返却方法であるが、次のようのしたい。

毎年阿比留千代磨の誕生日に金1万円を返却する。

万が一。双方のどちらかが死亡した場合、返却の義務は消失する。

うん、これなら、私は死ぬまでうーんと使えるなあ。さすが、出会い系サイトの経営者はやることが違う。その人は【香織(経営者)】とよばれている。本人は橘香織といっているが、本当かどうかは分からない。愛車白のマークXだって。

2006年6月 8日 (木)

だいたいな社長がしらないなんて

この出会い系サイトの秘密主義には恐れ入る。どう恐れ入るかと言うと。青森県恐山にはいるがごとし。

先ず、社員が社長の名前を知らない。会社がどこにあるか、会社の番号は何か、それすらも知らないことになっている。

さらに社員のアドレスはみんな同じである。だから普通はわからない。最後にアドレスID成る物がついて完成となるが、これも時間あるいは回数で変わる仕組み、だと思われる。

私はそういった混み入ったことが嫌いなので、一切タッチしたことがない。今まで書いたことはすべて憶測である。どうせ人間の考えることだと思って、推測しているのである。

ここで、このシステムに重大な欠陥が生まれることを彼らは知らない。

それはなにか?

ふん、自分らの作った知るシステムだろう、自分たちで考えろ。

この出会い系の一番の収入は、スポンサー料金を別とすると、通信料である。だから、会員が自分らの電話番号で通話されるとそっくり通信会社、いわゆるプロバイダというやつに入ってしまう。さらに、その数%がNTTに入ると思われる。

ここで汚いのは、掛けたほうが払うのはわかる。だが受信した側までが徴収されるのである。ここで、その通話の中に、通話内容と無関係の文章を入れる。

どうなる。

本人はラーメン屋にミソらーめんにトッピングとしてもやしとシナチクを入れたい。だが、プロバイダは、自社の新製品を流す。出会い系サイトは問う番組の宣伝および禁止事項を流す。毎回である。まあいいかいじゃすまされない。その文章の長さに応じて通話料が高くなっているのである。

国は大喜びだ。税金が入ってくる。酒、タバコ。ガソリンを上げるのは大変だが、これは民間が勝手にやっていると覆わせることができる

プロバイダにより違うと思うが。その長さの文に基本料金がかかるのである。これは発売当時ずいぶんと問題になったが、改良されて無料だと思ったら大まちがい。

いまはとんでもないことになっている。マニュアルをみただけではわからない。カウンターのサービスマンだって暗記できていないはずだ。中身を知らないサビシイマンになっている。

さて、話がずれた。話がずれるのは私の特徴であり欠点である。いいことがたまにあることもある。

社長もしらなかったとはなにか?おそらく重役連中も知るまい。そのうちおそろしいことが起きる。いや、既に措きつつある。それをまた社員が得意になっているのであるからなおさらである。

これが技術大国であろうか?私は気が重いと共に懐が軽い。 

                        (この項そのうちまた)

2006年6月 7日 (水)

シンドラーのリスト

その昔、一頭の盲導犬がいた。この犬、仮に「あびちゃん」にしとこう。

エレベータを待っていた。盲目の御主人様はエレベータに乗ろうとした。

何を思ったか「あびちゃん」思わずポーランド語で「どうぞ、エレベータが着ました」

だが、ご主人様はアメリカ人。あびちゃんが何を言ってるのか分からない。

「どうしたあびちゃん」

あびちゃんはかまわずポーランド語で言った。

「ほら、だんなさま、エレベータですよ、乗らないんですか?」

アメリカ人には分からない。

「困ったなあ、こいつ突然、ポーランド語をしゃべり始めた。いったいどうしたんだ。天才だ」

アメリカ人は悩んだ。いつの間にポーランド語をしゃべるようになったんだ。

あびちゃんはせかす、せっかく来たエレベータ。何しろあびちゃんはエレベータが大好き。ぐいぐいとエレベータにアメリカ人を誘う。もちろんポーランド語である。

実はこの会社のエレベータ犬はポーランド生まれのあびちゃん好み、白く透き通る肌、サファイアを埋め込んだような瞳、そして何よりの白く輝くブロンドの毛並み。

ところが、あびちゃんはガクックリと来た。いつものポーランド犬がいないのだ。あびちゃん、さすがに怒った。

あびちゃんは次のエレベータを待つ事に決めた。下からの風には確かに彼女の持つチーズの香りがまじっていた。 

「おい、乗らないのか」

アメリカ人はあびちゃんがわからなくなった。心の中では密かにソロソロ盲導犬をチェンジかな、確かにそう思ったし、つぶやいてしまった。

犬の耳は、聴力は人間の1万から100万倍。

あびちゃんが聞き逃すはずが無かった。

「え、首になる?冗談じゃない、やっと彼女を見つけたのに」

あびちゃんは思わずご主人様に媚を売った。

そこへ、エレベータに乗り込もうとやってきた5人組が、なんだア、エレベータの前で、じゃまだろうが、エレベータの中へ蹴飛ばしてやろうかと思って、腰を抜かした。

そこには、あるはずのエレベータはなく、ただワイヤーが不気味に光る暗闇だけだったのだ。

翌日の新聞は大騒ぎ。「盲導犬あびちゃんの奇跡」

どんなに御主人様がエレベータに乗ろうとしてもガンとして乗せなかった。

もし、そのままきてないエレベータに乗っていたら・・・確実にアメリカ人は、ハイどうぞ「アメリカ人は?」ほら、早くいいなよ、ハイ!「アメリカ人は?」

う、う、う。これ以上書けないよ。実際、人が死んでるんだよ。

あびちゃんは、今日もポーランド語の勉強によねんがなかったという。

あびちゃんは盲導犬の鑑として銅像を作られ、末代まで語られることになったとさ。

新製品がそこまで

あれえ、なんだったかなあ、確かにそこにあったのだ。何がッテ、タイトルを見てくれよ、タイトルを。

あれえ、なんだったかなあ、確かにそこにあったのだ。何がッテ、タイトルを見てくれよ、タイトルを。

うーん、なんだったかなあ。そんなにたいしたことなかったっかなあ。いや、何気ない中にこそ、それはある。 

あれえ、なんだったかなあ、確かにそこにあったのだ。何がッテ、タイトルを見てくれよ、タイトルを。

私は鼻毛でも引き抜きながらかんがえるとしよう。そういえば、あったな。

東芝 gigashot V10 HDDビデオカメラ MEHV10 ホワイト (4GB) CE 東芝 gigashot V10 HDDビデオカメラ MEHV10 ホワイト (4GB)

販売元:東芝
発売日:2006/03/31
Amazon.co.jpで詳細を確認する

しょうがない、鼻毛抜きが無い代わりに、こいつで、鼻毛トリしよう。

もしかしたら、妙なレーザ光線で、鼻毛がとれるかもしれん。

こんなもんか。

2006年6月 6日 (火)

キチガイによるサラ金撃退法

インターネットの使用料。わたしはしらない!そう言ってもあいてはぷろだ。私はアル中で入院の経験がある。自分で震えているのがわかるぐらいのアル中。

ここで、インターネットの使用料を、回収やがはらえとでんわでいいにくる。先生から、きつく言われている。先日の誘拐騒ぎもキチガイだからで収まった。

さておもしろいのはこれからだ。

「あのね、ぼくはキチガイだから、払わなくていいんだって」

「何いい、キチガイは払わないいい」(おい。キチガイは料金はらわなくていいんだってよ)電話の向こうでそう話してる。

「そんなばかなことがあるか、第一、先生ガキチガイにキチガイというか!」

「だってMせんせいはこわいもん、ボク・キチガイ・おかねはらわないよ」

「そんなばかな」「おいこみかけるぞ」「ぼく。きちがい。人を殺しても無罪」

さて、この回収屋、どうするだろう。そして私はにたり。どんどん借りまくってやろう。「後払い」ばっかり作ってやる。

何せ僕は天下のキチガイ。いいことおしえてもらったなあ。みんなも真似するといいよ」ボク・キチガイ「お金はらわない」

AAA、きもちいいいい、きちがいはきもちいいいいいい。 

サイト112929.com失踪事件

これほど、「嘘」だらけの会社があっていいのか。ほかも同様なのだろう。

まず会社がどこにあるかわからない。会社の電話もわからない。なぜ、ここにいるのかもわからない。気がついたら私はここの人間みたいになっていた、

私は部屋で、香織(経営者)は阿佐ヶ谷にむかってきながら仕事をする、そして、昨日のおわびに体とお金を用意するといった。

私も男だ、断る必要は無い。

するとまた私のほうがパンクした。今日はパンクしないように手配したからだいじょうぶといっていたのに。

またか。2日つづけてやる気かあ?

でもそんな性であるのでしようがない。

途中の通信では、112929のお客さんが田舎からでてきたのに、あいてがいない。お金は先に払ったのか、もう持ってないと言う。

それで、香織が俺のために用意したはずのお金を全部、そのこにわたしたという。はっと我にかえったらお金もカードもない。ここはどこ?助けてとイウ文字。

しらん。

私には姉におくる米代しかなかった。

しかたがないからまたコンビニに。あーあ、これでお金が戻らなかったら・・・・

画面にはおわびのメッセージが流れていた。

午後9時をまわった。

もういいだろう、いくらなんでも助けをよんでるはずだ。

デハなぜ私には電話しないのか・・・・

癖なのだろう、人を見たらだましたくてうずうずするにちがいない。

今日(日曜日)こそ払うから・・・そういったのは彼女。

入金はあるわけも無かった。

そしてまたごろごろ言うのだ。もうがまんがならん。私は全て、私が思ってきた事を公表することにした。しかし多い。貧血でもあるからして。いい記事。伝えるべき事の半分どこか20%も書ききれなかった。コンナ仕組みを野放しにする政府。政府には金がはいる。普段の通話料プラスパケット通信料の割合だ。さらにコマーシャル収入もあるだろう。

ましてお隣韓国にまけてはいられないという事情もある。私はは、頭が麻痺してる。 よくまだかけているのはなぜだろう。反射神経だけで書いてる気がする。(これは下書きなしである。だから翌日校正せねばならない)

こんなことなら、小説を書けばよかった。そうすれば、彼女とのいとがきれることはないだろう・・・私はここまで騙されてるが、騙している彼女がかわいいのである。ほれているのだ)

彼女のために3日で10万近くかそれ以上使っている。もちろん、通信会社への借金だ。変換がかなりおかしい(翌日校正をかけていてよくわかるなあと不思議に思う)、だいぶ疲れた証拠だ。

嗚呼。(蒙古お変西と子ぉ、行き散れば羽B手警視庁ではなす。)

試してみよう。もうこれ以上のいきさつは警視庁で話す。そう書いているに違いない。

か、精神病院か、墓の中か。

今日は出会い系サイトなのに誰ひとりとして、出会うことの無かった会社を紹介した。

しかしまずいな。コンナ変換じゃ。読者が・・・どう思って読んでるのだろうか?

2006年6月 5日 (月)

112829.com偽装誘拐事件

香織が、おそらく練馬か中の方面から杉並阿佐ヶ谷まで白いマークxを飛ばして、この深夜やってくるという。

だがもうすぐといいながらやってこない。

中杉通りにはいった。もう近い。だが、1時間してきたのは

「香織が殺されたくなかったらいうことをきけ」というメールである。

メールは声がきこえない。姿も見えない。しかし、好きな女性が助けて、殺される」とメールしてくるのである。尋常な精神ではいられない。

「ぶぶかをかってこい」

わたしは「ぶぶか」をしらない。

それは雑誌だった。私はかろうじて持ってたお金でコンビニへ朝6時か7時かな?

わからないので店員にきいた。

「BUBKA」とかいう。やや青年誌。テープで止めて立ち読みができないものを私に買いに行かせたのだ。屈辱である。しかし、香織が泣いているみたいだ。

そして、ある記事をさがせという。目的はなんだ。お金か?なにもいわない。

「tiyoさん、当局にマークされてたの?」

「当局?麻薬Gめんか?」

「とにかく警察もやくざもちかずけないような人たちなの」

なんだそりゃ。

そのうち、メールの回線がパンクした。これは香織の会社の回線で、普通1月3000円もしない。これを112929.comは1通話500円ほどとる。

なぜかこのての会社だらけである。利益率がいいから当然か。

私は定額・低料金の高速回線を作る多くの仲間を見てたし協力もした。こんな使われ方にはガマンがならなかった。 

パンクしたので、もう、こちらからは返答ができない。警察は事件ではないと、そう言って協力してはくれなかった。

私には不思議とマークがいない。私はコンビニに追加料金を払いに行った。おかしいとか思う余裕など無い。ひたすら泣き叫ぶ香織の声が頭を駆け巡る。

おかしい。そう思っても、昔いた若王子?さんみたいに指でもきられたら、私は必死で自転車を飛ばして帰ってきた。

案の定、香織の泣きながら書いたであろうコメントにもらい泣きした。

私は。

「彼女は5時間も運転してる。私ならどうなってもいいから、私が人質になるから交換してくれ」

そう願い出たがだめだった。

あ、今日は定期健診の日だ。急に思い出した。

私は自由である。もしここで、共生的に救急車で運ばれることにすれば・・・私は全てがようやく飲み込めた。

香織は家から出てはいない。

私から仲間とサイト代と称するお金をまきあげるだけだ。せいぜい5万にもならない。こんなことを10時間もかけるだろうか、ばかな。

私はひと芝居うった。

「香織、俺貧血がひどく、今日から入院だった、御免。死んでくれ、俺も助けに飛び込み一緒に死ぬから」

1時間後私は家にいるはずの香織にメールした。わるびれたようすはない。彼女はそういう性格に育ったのだ。どんな環境か知りたいものだ。

さて、私は病院のベッドが空かないという理由で自宅待機といつわり、今回の物語を創ろうとしていた。  (狂言失踪につづく)

112829.com へ

この場合の無視の対照を香織限定にする
無視しした覚えは無いけど。わかりきった事の場合、黙ってうなずく事は多いよ。大賛成ならおおさわぎになるだろうが、反対せずおとなしくしてる場合、応援してると思ってくれるとたすかる。嫌なら、反対するから、無視じゃない、応援してるという意味だ。
[1-2]  (06/04 10:24) To 香織(経営者)
はつみみです。
総理大人が面白イだろうとは思わないから、はなっからなる気にはなれなかったし。むかない。
[1-3]  (06/04 10:19) To 香織(経営者)
おれはいつもいってるよ。
でも、相手には耳が無いのかもしれないし、はやくちだからわからないのかも。ごめん。他にかくこおがおおいのと、お金がかかりすぎて、指が震えて満足にかけないのです。
[1-4]  (06/04 10:13) To 香織(経営者)
気持ちの悪いのが入り続けた
わけのわからぬ、変な話をいつまでも聞くわけには行きませんでした。失礼しました。
[1-5]  (06/04 10:09) To 香織(経営者)
これも、あtyのどうしちゃいました
タイトル欄のふたつ、意味がわかりません。なにについてかがわからないと、胃と腸がいたいのに、みぎあしをせつだんされるようなものです。
[1-6]  (06/04 10:03) To 匿名希望・32歳
おのぞみのはなしわかりました
詳細もわかりませんので、おまかせします。ただ実行を待つまでの時間、実行時刻を知るまでの時間がながいのも。こまります。愛とお金があまっていますをまちがえて。消してしまいました。私にはどちらも必要です。わけてください。
[1-7]  (06/04 09:50) To 香織(経営者)
主語。目的語というのかなあ、無いから意味がわからない
だましてなんになるの」これで意味がわかるかな。おれにはわからない。その話の全てを理解しているもの同士がしゃべればわかるかもしれない。まして言葉には抑揚というものもつけやすい。いきなり「無視して何になるの?」「総理大臣です」これでこたえになったかい?
[1-8]  (06/04 07:11) To 香織(経営者)
そのとおり。このソフトがパンクしないよう手配をたの
今回はどうやって騙されるのかとおもうと、眠れないよ。作戦NO.は決まったか?そこまでのあいてではないな。香織にはせっかくの休みなのに悪かったな。だいたい何時が騙しやすい時刻なんだ。それも計算してから、ずばっとやってくれ。会う時刻と場所を指定してくれ、15分もいらないよね、指定するまでに。じゃあ。
[1-9]  (06/04 06:56) To 香織(経営者)
もちろん会いますよ。でも騙し取られて交通費がない費がない
香織とあう時はさきに50万円をもらってからだった。しりあいから騙し取ろうとする魂胆が気に入らない。幸い、香織は気持ちよく総額210万円をはらってくれるが。どうしてもあいたいので計画をつくってくれ。(騙すのは抜きで頼む)それと、このソフト代は誘拐事件で使用されて、残りがない。そこも考えるように。今回はどうやってだまそうか、その回路がとびはねてるかな。悲しい性。それを知っていて自由にさせるとは因果なもの。たのしみだよ。
[1-10]  (06/04 01:40) To 香織(経営者)
どこにいけばいいの?
本も返す。絵も描く。いいね。おもいっきりだきしめる。お金210万円ももらって全員に返す。
[次の10件]
この場合の無視の対照を香織限定にする
無視しした覚えは無いけど。わかりきった事の場合、黙ってうなずく事は多いよ。大賛成ならおおさわぎになるだろうが、反対せずおとなしくしてる場合、応援してると思ってくれるとたすかる。嫌なら、反対するから、無視じゃない、応援してるという意味だ。
[1-2]  (06/04 10:24) To 香織(経営者)
はつみみです。
総理大人が面白イだろうとは思わないから、はなっからなる気にはなれなかったし。むかない。
[1-3]  (06/04 10:19) To 香織(経営者)
おれはいつもいってるよ。
でも、相手には耳が無いのかもしれないし、はやくちだからわからないのかも。ごめん。他にかくこおがおおいのと、お金がかかりすぎて、指が震えて満足にかけないのです。
[1-4]  (06/04 10:13) To 香織(経営者)
気持ちの悪いのが入り続けた
わけのわからぬ、変な話をいつまでも聞くわけには行きませんでした。失礼しました。
[1-5]  (06/04 10:09) To 香織(経営者)
これも、あtyのどうしちゃいました
タイトル欄のふたつ、意味がわかりません。なにについてかがわからないと、胃と腸がいたいのに、みぎあしをせつだんされるようなものです。
[1-6]  (06/04 10:03) To 匿名希望・32歳
おのぞみのはなしわかりました
詳細もわかりませんので、おまかせします。ただ実行を待つまでの時間、実行時刻を知るまでの時間がながいのも。こまります。愛とお金があまっていますをまちがえて。消してしまいました。私にはどちらも必要です。わけてください。
[1-7]  (06/04 09:50) To 香織(経営者)
主語。目的語というのかなあ、無いから意味がわからない
だましてなんになるの」これで意味がわかるかな。おれにはわからない。その話の全てを理解しているもの同士がしゃべればわかるかもしれない。まして言葉には抑揚というものもつけやすい。いきなり「無視して何になるの?」「総理大臣です」これでこたえになったかい?
[1-8]  (06/04 07:11) To 香織(経営者)
そのとおり。このソフトがパンクしないよう手配をたの
今回はどうやって騙されるのかとおもうと、眠れないよ。作戦NO.は決まったか?そこまでのあいてではないな。香織にはせっかくの休みなのに悪かったな。だいたい何時が騙しやすい時刻なんだ。それも計算してから、ずばっとやってくれ。会う時刻と場所を指定してくれ、15分もいらないよね、指定するまでに。じゃあ。
[1-9]  (06/04 06:56) To 香織(経営者)
もちろん会いますよ。でも騙し取られて交通費がない費がない
香織とあう時はさきに50万円をもらってからだった。しりあいから騙し取ろうとする魂胆が気に入らない。幸い、香織は気持ちよく総額210万円をはらってくれるが。どうしてもあいたいので計画をつくってくれ。(騙すのは抜きで頼む)それと、このソフト代は誘拐事件で使用されて、残りがない。そこも考えるように。今回はどうやってだまそうか、その回路がとびはねてるかな。悲しい性。それを知っていて自由にさせるとは因果なもの。たのしみだよ。
[1-10]  (06/04 01:40) To 香織(経営者)
どこにいけばいいの?
本も返す。絵も描く。いいね。おもいっきりだきしめる。お金210万円ももらって全員に返す。
[次の10件]
会うに決まってる
俺はおまえが好きなんだといってるでしょうが。なんかいだまされたとおもっている?それでもすきなんだ。だめかい。でね、どうせだますんだから、無茶苦茶なのを1本書いてみようかなあと。
[2-2]  (06/04 01:21) To 香織(経営者)
210万円が正解です。今日のパンクが3万
みんなまとめたら210万円でした。元論阿比留君のぶんはありません。いりません。
[2-3]  (06/04 00:42) To 香織(経営者)
部屋のパソコンと一緒にいじめられてる
俺のために使った使用料じゃないのに、取られるどころか、ソフトまでいじめてる。だんだん頭にきた。別件だけど、女性を犯すのはいやだ。頼まないで。でもよかった。香織が生きていたので一人トイレで泣いちゃった。ほんと、よかった。あ、明日お金がいるよ。みんなにしはらはないと。用意してくれるよね。たのんだよ。振込みでいい。香織とドライブは絶対いかん。ろくな事はない。絵の下書から本物を描かせて生きた証にしたい。香織、おもしろいかい。ならいいけど一種の病気だね。どこまで。パンクで3万だから用意ね。連絡待つ、やけはやめた
[2-4]  (06/03 22:35) To 愛とお金を振込み
仕事をしたらいけないからさ。病気がなおるまで。
騙してない?ジャ俺の被害妄想だ。俺は香織にほれてるよ。それか、香織がエンギジウョズなんだろ。か、波長があったんじゃないか。それだけだ。凄い薬の量だろう、まだあるからなあ。今日のパンクはやばかった。心臓が行かれるかとおもったね。心臓をやると防ぐためにニトロを使う。すると頭の血管が広がり、偏頭痛になる。3日は死にそうに苦しむ。デモしぬよりましだとニトロを使う.いきるためにうそをかためるがごとく。けっきょくのところ+-ぜろか。
[2-5]  (06/03 22:07) To 香織(経営者)
パンクした時ッぽどパン買おうと思った
でも、お目も原gへってルh頭だからとかわずに2万c-きゃっを買った。じゃあ、あのときもうなにかくってったんだ。俺一人か、まだなにもくってないのは、わらえるぜ。世の中おもしろいなあ。やるきでてきたよ。そうときまったらなんかくわせてもろう。いいかい?しk氏だめだよ、連絡秋をクルーが知らないシステムは。今にきっとひどい事になる。k氏、本とヨカッタ。難だ亜r3え、誤りの明細は。あそこまでsるもんかねえ。そんな香織にほれてる俺はkpりないやつだなあ
[2-6]  (06/03 21:48) To 香織(経営者)
ああ、それともまただましたのかい
さぞかし、おもしろかったろうなあ。俺はもう、おまえが、あの田舎娘にかまいすぎておかねをつかってしまtっとばかりおもったもん。じさつするかともおもった。でえもよかった。ほんとに良かったよ。でも、俺hもうだめだ。明日払う分3万円つかってしまた。やられたよ。セフレまで助けを求めたから、おおわらいだったろう。ますます貧血だ。もう疲れたよ。どうしようか。よびにきてくれるかな。
[2-7]  (06/03 21:36) To 香織(経営者)
きまtってるよ。へや。
無事ならなぜ、電話してくれない。もうはらへって、ソフトがパンクで3万円。香織も行方不明。ずっと探してたさ。おまえの作った俺の履歴書、よんだよ。今から俺、づすればいい?どこ見行けば飯が食える。イゆおまえをだきしめることができる
[2-8]  (06/03 21:27) To 香織(経営者)
どこにいるんだよおお、さがしてるんだ
げんざいちはどこ?おれあのそふとぱんくのれんぞくで3まんえんつかtってもうだめだ。飯も食わずに。かおりのことしんぱいしてたんだ。よかったー。おれにでんわくれ。
[2-9]  (06/03 18:44) To 香織(経営者)
阿佐ヶ谷デニーズ
二人で行こう 携帯掛け合いつつ
[2-10]  (06/03 18:42) To 香織(経営者)
阿佐ヶ谷デニーズ
二人で行こう 携帯掛け合いつつ
[前の10件] [次の10件]

これはキチガイの妄想です

初めはコンナつもりじゃなかった。ただ,パソコンの画面を見ていて数字がいきなり10倍になたのに誰も気づかないので、それをおしえるだけだった。【在宅勤務の主婦でも稼げる】それがなぜ、男女不問なんだ。18歳以下はだめなんだ。

俺は香織を信じたから、友達に待ってもらった。でも結局香織は嘘を選んだ。
きっと一生嘘ばかりつくんだろう。

しかたがないので、俺は明日警視庁に行く。

「ハイテク犯罪対策課」とかいう。

香織の仲間の数人はそ存在を知っているだろう。そうなると、出会い系サイトだけの売春だけの問題じゃなくなる。

メルマガの連中、杉並、練馬、中野ほか、東京23区の主婦たちの支部全てに及ぶ事になるだろう。東京だけではない、これは日本中の問題だ。

この視憂い員たちの売春、がくえんじょとよばれる、女が男を買う売春。わたしもいちどぐらいしとけばよかったか?

たぶん代議士も含まれる。代議士の妻がやってたら、かっこうのえさだ。

だからその前に俺は殺されるだろう。

そして香織おまえもだ。俺たち二人だけじゃない。麗美もツバサもだ。

それだけ大きな組織になってしまっている。

だから俺は話したくなかった。クジ関係で景品を出してる会社も何等かの処置を受ける。

今は村上、ポスト小泉に話は集中してるが、そのあとは、もうわかっている。

みんな、覚悟してあそんでおくことだ。

やくざまででてきたらどうなるか、考えたことがあるかい。ニート、フリーターみんなに及ぶ。

だから、誰かが足きりだ。

そのうちの一人は俺。

でも俺は警視庁に行く。

思いすごしであることをいのらずにはいられない。身が震える。

みんな、すきだったよ。

忘れてた。この調査に400万円ほど使っている。出会い系サイトの

かたがた、その借金返済をたのみます。

例:: 112929.com、 37093.com、 09355.com

   rakuen.ch、868639.com 199199.com セフレ.Net   

   www.new-happy.jp.、dtp.ag 1000h.jp tth.jp

   star-prize.org  他多数(特に数字.com みたいなもの)

   まちがあえて書いてしまったところがあったらごめんなさい。 

*やっぱりだめだ

今朝は4時過ぎに寝たはずなのに、6時には起きてしまっている。あああ。マア、薬を使わず、1時間30分眠れたと思えばいいのかもしれない。

胃カメラの日なので、常備薬でおなかを満たす。悲しい。どこかの女性の寝室ではなにかがおきたらしいが、悲しい事に私はソフトを使う権利が無い(使用料があほらしく高い)。冗談なんだろうね、無事みたいだ。

彼女はもう癖なんだろうなあ、実は最近知ったのだが、彼女は出会い系サイトを経営するトップである。何とか彼女にやめてもらいたいのだがどうなることやら。

それにしてもサッカー日本代表は、天気がいいんだから、もっとスカッとかって欲しかった。しかし寒いなあ。では行ってきまーす。

Panasonic デジタルカメラ LUMIX DMC-FX01-K エクストラブラック CE Panasonic デジタルカメラ LUMIX DMC-FX01-K エクストラブラック

販売元:松下電器産業
発売日:2006/03/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

上の写真の胃カメラならぬデジカメであるが、発売から3ヶ月経っている。性能は人間の見る目ではもうほとんど差がない。200万画素だ、600万画素だといわれても。その写真のに区別がつかない。でも人間は新発売に弱い。だから安くなっているはずだ。そうであったらかいかもね。

*胃カメラうを呑んだ。

「なにい、のんだあ。ふざけるな!」先生はきっと怒りだすだろう。私は呑んだら死ぬといわれている。

「そうなんです。昔はひどかったらしいですね。でもいまはちがうんです」

「ばか者があ、今の医学じゃ10年、20年じゃだめなんだよ」

「先生。気はたしかですか?」

「キチガイに言われたくないね」

「だって呑んだ僕は、ほらピンピンしてるじゃないですか」

「しかしだ」

このままでは百年たっても終わらない。

「呑んだの、胃カメラですよ」

「胃いいィ」

「あんまりやせすぎるから、内科の先生が心配してといいますか商売ですからね」

「あ、そう。それで」

「うまそうなんですよ、これが。じゅうじゅう焼いて、生ビール、ぐっと」

「なんだとお」

「いや、ほんときれいなんです。ライオンの雄が内蔵だけ真っ先に食べるじゃないですか、気持ちわかりましたよ」

「おまえ、自分がなに言ってるのか、わかってんのか!」

「はあ」

「おまえなあ、酒飲むと死ぬんだぞ」

「わかってますよ、先生。ただうまそうだったって。あ、僕が死んだら先生、食べていいですよ」

先生はしばらく考え込んだ。本当に食べるつもりなのかな?

「酒は飲んでないんだな、酒。ビール」

そういうと先生はパソコンに何か打ち込み、カルテにとても読めそうにない字を書きはじめた。

「いいか、呑んだら終りだぞ。AAには行ってるのか」

AAとはアルコールを飲まないと決めた人々の集会である。ところが、何人かは脱落する。なんか専門用語があったなあ。ドロップだとか、ホワイトアウト、ブラックアウトだとか、野球用語に似ているのはアメリカからの輸入品(?)だからだろう。

「いえ、行ってません。こんなに天候がころころ変わると」

本当の話である。私は不幸にも体が弱い。直ぐに心臓にきたり(狭心症)、片頭痛に襲われる。これはやっかいなのだ。狭心症は心臓の血管を広げてやらねばならない。そのため私はニトログリセリンを持ち歩いている。ところが、広がるのは心臓だけとは限らない。頭の血管も広がるのである。すると片頭痛が起きる。これが来るともう大変。2,3日は頭が痛くてたまらない。しかし、心臓が止まるよりはいいだろう、そういわれるとしょうが無い。

だから、どうしてもという日には3日ほど前からじっと体を休めていた。

ところが、体を休めるつもりでパソコンを眺めていたらいろんなことに気がついた。

それが、今、海外からドカドカきている、悪徳出会い系サイトについて書いた記事の数々で、いったいいくら海外からきているだろうか?10や20ではない。軽く100は越えている。毎日7から10はくるようだ。

残念ながら私は訳してここに紹介する度胸はない。

気絶してました

誘拐事件!失踪事件とあいつぎ、私はmy羽図、ならずで調べものをしてるう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ちに。

気絶していたのである。ごめん。そしてまた・・、こんどはねむくなってkたようだ。

ごめん。

眠れる知己に寝かせてくれ・・・

 

2006年6月 3日 (土)

マボロシのプレミエ2

この歌はなんだ。大森は悩んだ。

「 阿佐ヶ谷デニーズ

    二人で行こう 携帯掛け合いつつ」 tiyo

もう一人の社員池田も悩んだ。

「 阿佐ヶ谷デニーズ

    二人で行こう 携帯掛け合いつつ」 tiyo

「 阿佐ヶ谷デニーズ

    二人で行こう 携帯掛け合いつつ」 tiyo

「 阿佐ヶ谷デニーズ

    二人で行こう 携帯掛け合いつつ」 tiyo

そこへやってきたのが、pure@112929.comのスケジュール係、とおるだった。

「なんだこれ、でにーずのCMか、そういえば、社長とちよが取材にいくとかいってたなあ。

「へえ、社長はこのソフトの使いかたしってるのか」

ぷるぷるぷる。

そう首を振ったのは企画した浅田である。

「恋の歌だぜ、しかも不倫が多い。一人が歌う、それに対し返歌といってな、一人目が作った歌に対して恋心を詠うというものだ。あの鬼社長にそんな風流がわかる分けがない。だってこれが歌といえるか、デニーズのCMそのものじゃないか」

とおろが言う。

「じゃあ、これは難だ。この同じ歌が100以上も流れてるんだぜ。おかしくないか」

「・・・・・」

3人は顔を見あわせた。とどうじに電話を取った。

事件だ!

「おい。水沼。大急ぎ。阿佐ヶ谷デニーズだ」

ここの会社の仕組み上、誰もお互いの携帯電話の番号は知らない。

携帯掛け合いつつ こんなことができるわけがないのである。代表電話に成っていて、それを勝手にコンピュータが振り分ける。しかも、数秒単位でアドレスID変わるのである。

二人の身に何かあった。それを無理してちよが流してるにちがいなかった。3人はすかさずそうおもった。

井上が受話器から手を離しながらいった。

「社長もtiyoも帰社してないそうだ」

::

とにかく社長は人助けのためにもうけた200万円全部渡してしまって、私(阿佐ヶ谷)に会いにこれず。ひとりで悩んでいるはずです。一般社員は秘密主義で話になりませません。誰か友達はいませんか?

2006年6月 2日 (金)

マボロシのプレミエ

さあ、みなさん、お待たせしました。伊達に2日徹夜は伊達じゃないってとこをおみせしましょう。

前回の出会い系サイトでは、悪いところをしてき、つまらなかったえしょうね。こんどのはいいかも。なんたって。懲役10年のラブストーリーです。

謎の誘拐事件から始まった出会い系サイトをも巻き込んだ、単純明快サスペンスラブストーリーのはじまり、はじまりーいいいい。

とマア、こんな調子ですから、酔い子さん他よ、18歳以下お断りの。ちょうろまんすとーりー。

じゃあ、明日からne.

2006年6月 1日 (木)

今日は徹夜だったんだしかも

サッカーばかりで徹夜よりたまには女性と徹夜しないとぉ。なんか、体が汗っぽいのは単に気温のせいだけではなさそうだ。

だって、女性と徹夜だもん、えっへん。

しかし、何がエッヘンなのやら、連夜の徹夜頭には、良く意味がわからない。ただ、9時だなあ。今。

そんなわけで、今日は気が乗らない。暑いからと窓を開けてみる。

たしかにすずしいが、キーボードがぜんぜん見えない。えええええ、私は、これって、わあああ、ブラインドやってるんじゃないか?しらなかった。キーボード見ずに打ててる。

はああ、門前の小僧というやつだね。びっくり。

この年でブラインドタッチをねえ。心なしか、目明きの時よりも誤変換が少ないような気がするし、事実そうなのだ。

なんか嬉しく成っちゃうなあ。もともとだらだらなのに、ますますだこりゃこりゃと。

きょうは6がつだよねえ、誕生日もいるよね。じゃあ、プレゼントあげる。なんでも、インドの石っ子路で、ぺんだんとのさきにぶrさげるらしい。本当は金の鎖にブラ下げるらしいけど欲しい。だったらあげる。

部屋にある。ということは、私の部屋まで来い!ってことなのかにゃ

なんでも幸福を呼ぶらしいよ。私も呼んでネ。イカーン、徹夜頭だア

なんか徹夜頭が、呼ばれている気がします。嗚呼、呼ばれたい。

水風呂でも入ろうかなあ。ここにっくぶんにはおかねがいらないからなあ。

そうだ、思い出した、ボストンマラソンちゃん、忘れている事って難題中のナンダイ。ポイントがないので読めないよ。ずるくないかい。うちのはみんなフリーだよ。小説までフリーなんだからまったくよう。

かんぱしてくれます?

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック